« いざキャマ倉 | トップページ | プチ進化也 »

Newモデル

最近、飲みネタばかりが続いていたので、今回は真面目なネタ?を。
『再びベースが引きたい♪』という想いで、室内用車椅子をアッサリ新調してしまった。ちなみに、今までの室内用車イスは2年も使っていない極上車だけど、どうしても欲しい機能搭載のモデルに乗り換え。

1

何が違うの?という感じだけど、今までの経験を元にマイナーチェンジを施した。ちなみに車種は一緒で、【旧 FUSION】→【New FUSION】へのモデルチェンジ。 フレームが合成UPしました。『室内で使ってる分には要らんだろう?』と言われそうだけど、どれだけ変わったかをインプレするのが営業マンのお仕事。自腹切って実証しマッスル。
ただし今回は、あくまで自宅での使い勝手を考慮した仕様変更がメインなので、どちらかと言うと部品の紹介になってしまう感は否めませぬ。

①先ずは、キャスターの仕様変更。

2

左(Newマシ~ン):LPC4(アルミコア)105mm 右(旧マシ~ン):樹脂コア92mm

元々、小回りの効くチビキャスターを採用したものの、落差が激しいウチのバルコニーに出たりする際に厄介だったし、樹脂のキャスターはウチのフローリングに足跡を着けやがるので、その改良策として、段差に有利なチョイデカキャスターと表面がラバーのLPC4に変更。ラバーの方が衝撃吸収度が高いのも魅力!
小さな期待をしております。

②お次は、ブレーキ

3

旧モデルの室内用車いす、ハッキリ言って安価で仕上げました。そうなると、ブレーキも一番お金のかからない【ノブボルトADJ】(右)を装着。 室内では、空気パンパン状態だと転がりがウザイので若干空気圧を低めに設定してるんだけど、それに伴いブレーキ調整をするのが、ノブさんだと面倒だし、ズレルことが多々有る。 そんなのを解消してくれるのはやはり【ダイヤルADJ】(左)です。これが一番ラクっすなっ! タイヤとの接触面が円形なので角度が変わっても接地面積率が変わらないのが素敵。

③ホイール

4

これまた、旧型は際安モデルの固定式(右)にしたのが失敗だった。メンテナンスする際にもやはり着脱式が便利。 カーボンホイールは室内用には勿体無いけど、着脱式は必須ですな!

この写真でわかる通り、新型(左)の車軸調整穴は半減してます。20mmピッチになってしまったが、個人的には前方だけは10mmピッチにして欲しかった。 フレーム後端の幅を拡げるもスリッドを入れる所がOXの素敵な配慮だと関心してしまう。ちょいとaddidasっぽいが。

④車高調整アクスルプレート

5_2

ボトムフレームの形状が変わったことにより、このプレートも変更。って、購入してから気が付いたのだが・・・ 旧型(右)の5穴から新型(左)の4穴に変わってる。

これが、今回悩める部分。フレーム規格が変更になった為、旧型と同じ後座高に出来ないご様子weep プレート穴の位置を下げると車高が20mmほどUPしてしまうし、通常位置だと旧モデルより10mm低い。 床からのトランスを考えると低い方(-10mm)が良いのだけど、棚の上に隠されたお酒を取るには高い方(+10mm)がベター。 酔っ払って床に落ちた時のラクを取るか? 棚の上の酒を取る時のラクを取るか? ・・・悩んだ挙句、落ちる頻度より隠し酒を取る頻度の方が高いし、調理や洗い物をする時のキッチンの使い易さを考慮して10mmアップに決定。 フロントはやりようで微調整が効くので問題ナッシング。

⑤今回の乗換えのメインファクター。 跳ね上げ式アームレスト。

6

ギター&ベースを弾くのに邪魔だったアームレスト。コイツが上るのはとても素敵note しかも、このアームレストが上った時の姿は、フェラーリ512BBのボンネットオープン状態を彷彿させるupwardright

1a

’90年式前後のDUCATIのガソリンタンクも、跳ね上げ式で格好良かったなぁ~ なんか、この角度にヤラレテしまうマニアっす。

そして早速、試弾。

7

チョイ厚みのあるアコギも弾けてしまうnote 右のアームレストをかち上げて、左のアームレストはホールド。完璧也。 ちなむと、横付けの洗面所でも跳ね上げ式の効果は覿面。アバラ当らないし。

ちょっとしたパーツをアップグレードしただけで、生活がかなり楽チンになったhappy01 言っておきますが、【車椅子マニア】では有りません。 普段の足だから仕方ない。改良。

『で、NEW FUSIONはどうなの?』 耐震性は上っておりマッスル。 これなら激しいアクションをしない人であれば、屋外用としても軽量車椅子として使えるよ。

そして、旧型の車イスをどうするか悩んでいる。売ってしまうか、橋輪のレンタルで使うか・・・ 室内用で欲しいという方が居れば相談に乗りマッスル。

|

« いざキャマ倉 | トップページ | プチ進化也 »

車椅子」カテゴリの記事

コメント

BOBBY様
初めまして。毎回爆笑させて頂きまして有難うございます。
私は、以前こちらで紹介されていたBOBBYさんの知人の方が
オーナーの美容室の近所に住んでいるOXユーザーです。
次はBOBBYさんのお店で‥と考えてますが営業範囲ですか?

NewFUSIONのフレームのパイプの太さはSXと同じですか?
あとGWX2はクロスメンバーが新設計になったようですが
他のモデルと比べて剛性アップしていますか?
”OXは重いよねぇ””軋むよねぇ”と他の人に言われるので
改善されてるといいのですが‥

投稿: GOLDxKIWI | 2009年8月 6日 (木) 11時22分

GOLDxKIWI 様
ご愛読いただきありがとうございマッスル。
hug-salonのお近くにお住まいであれば、出没している所ですので、バリバリ(死語?)の営業範囲です!

NewFusion、パイプ径は前のモデルよりも太くなりましたが、SXの方が太いです。SXは下側のフレームも瓢箪型になっているので、やはり剛性的にはSXが上です。
GWXⅡ、これ中々素晴らしいモデルですよ!特にクロスメンバーが良いです。クロスメンバーに使用されているカラーが、とても合理的で剛性UP&折り畳みがしやすくなっています。
俺っちのSXにも流用可能ということなので、実は密かに今度そのインプレを書こうかと用意してます。

『OXは重い』ってな意見は、あまりにも漠然すぎるのではないかと・・・ OXは、あくまでメーカーであって色々な車種を出しています。『TOYOTAは重い』って、CROWN乗っていれば当たり前でしょう!みたいな・・・ 『SUZUKIは軽い』って、小排気量専門メーカーだろう!
『軽さ』と『剛性』の融合は一番難しい課題で、更には『耐久性』などの要素が含まれてくるから難しいのですが、個人的な意見としてはOX製品がトータルバランスが一番だと思っております。
まだまだ書きたい事は山ほどありますが、長くなるので省略。
他に何か質問がございましたら、橋輪メールへ連絡くださいませ!

投稿: BOBBYクン | 2009年8月 7日 (金) 01時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いざキャマ倉 | トップページ | プチ進化也 »