« ギャルテニ | トップページ | Memory »

B HAPPY

1
2011年4月23日、愛犬の【りょうクン】が永眠しました。

※本日の日記は、自分の思い出日記で、一般的にはツマランと思われるのでご了承を!

先日より状態が悪化してきていた【愛犬りょう】、22日(金)の朝方に実家にて危篤状態。
様子を看に行こうかと思うも、仕事の予定が入っており、仕事に支障をきたすといけないので、夜に訪問しました・・・

トレーニングにも一度同行してくれたこともあったなぁ~(厚木ジムにて)

1a
俺っちと同じ体位を施してくれたり、ユニークな奴だったです。
その日の模様は【コチラ】

さて、彼の歴史を辿ってみたり。

2
1995年の1月15日に、まだ独身だった頃のBOBBY家に加わりました。
実は、この日、ペットショップに【ジャンガリアンハムスター】を買いに行ったはずが、『俺を連れて行ってくれ~』と、かなりの熱い視線をおくられ、即決!
当時、もう一匹のワンコを飼っていたので「無理だろう」と思うも、事後報告しようと決めた次第でございます。
当時は自分サラリーマン1年生で、コイツをサクッとdollar現金で買える余裕もなく、その時に同伴してくれた彼女に援助を受けて・・・(後は秘密)

そんな感じで、仲間入り。勿論、衝動買いしてきた生き物に母親は怒っていたけど、彼のルックスで落ちたscissors

その後、仲良く暮らしていたんだけど、3年後には自分の都合で渡英し、りょうを両親に託すも、愛しのりょうとは国際電話ではよく会話をしたものです。
俺っち:「RYOU 1×1?」
りょう:one
俺っち:Great!(VOWWOWではなくて結構)
・・・と、くだらん会話をしながら。

帰国後は一緒に再び生活。

・・・その後、色々あったけど、ずっと一緒に過ごしたのだ。

3
そして、2007年俺っち受傷。
入院中は↑この写真をベッド脇に貼り付けて癒されておりましたheart01

・・・と、軽く歴史を振り返って、最期のレポートをしてみます。

4
5年前に椎間板ヘルニアになってしまってから、フローリングな我が家には遊びに来させることができなくて、何時も実家に顔を出していたんだけど、もう歩くことができなくなってしまった彼を我が家へ連れてきた。
眼も開くこともできないし食べ無い状態。
たまに猫のような鳴き声をあげる時は、尿か糞か戻しか喉が渇くか、なので、出してしまう時は処理してあげて、喉が渇いていればスポイトで注入。その時は舌だけペロペロ出して、可愛い~

5
寝ている顔の横には、りょうがガキの頃に食いちぎってしまったBONJOVIのCDジャケを懐かしく置いてBGM。
やばい、泣けるweep

30分毎に、注入した水分を吐きだしてしまうので、美男子を崩してしまうのは可哀想だと思い、徹夜で臨戦モード突入。
顔にパッドを置いて、吐いても汚れないようにして、汚れればその度にタオルで拭いてあげて・・・
でも、全然苦じゃない。
気が付いたら室内は明るくなっていたsun

その間に、りょうに3つの懺悔を。

①昔、俺っち酔っ払って電話してるとき、不意に俺っちがオシッコ漏らしてしまい(健常の時)、それを翌朝見つけた母親に「りょう、オシッコもらすなannoy」と、彼のせいになってしまい、俺っちを恨めしそうに見つめた君にSORRY

②自分の都合で、渡英してしまい放置したことにSORRY。

③昔みたいに、全てを面倒みれなくなってしまったコノ身体になってしまったvery SORRY

以上、3つを伝えたところ、「小さな声でク~ンク~ン」と応対してくれて、ボロボロっすcrying

朝まで、色々語らい合った。

6
↑この写真は、起きてきた奥方に撮ってもらった、りょうの生存中の最後の写真。
力も無く、軽かった。

でもって、さすがにチョイト疲れた俺っちは、りょうと添い寝をしようとベッドへ横たわる。
そして5分後、今まで動かなかった彼は背筋をピ~ンと伸ばして小さな声を上げた。

「大丈夫?」って、彼の心臓を触ってみたら、鼓動が無くなっておりましたweep

実は、生き物(人間を含め)の逝く姿を見たのが初めてで、茫然とする。

そのまま、彼を美しくする為に色々と施しベッドに寝かせた。

7
死しても、美しいです。

お花屋さんに行って、手前味噌だけど、ブルー&イエロー系の花を用意して、りょうのカゴを作ったよ。

8
寝ているだけっぽい。動いているように見えると皆が言っておりました。
愛するりょうとの最後の添い寝をして、翌る朝はテニスへ行った。
テニスをサボろうかと思ったけど、『好き勝手な事をやる!』ってのが、リョウと俺っちの心意気?なので、参戦tennis
プレイを終えて、その後お別れの焼き場へ。

9
ちなみに、腕には俺っちが気に入っていた時計のバンドを添えました。

そこには【B HAPPY】のサインを入れてみた。

Be Happy in Heaven(天国で幸せになれよ~) という思いと、

B(BOBBY) is happy with you(俺はお前と一緒にいて幸せだった)という思いでshine

ところで、5年前・・・

9a
りょうの兄犬のユウちゃんが骨壷に収まった時に、ヘルニアで「一生歩けない。これから車いす生活になる」と宣告されたりょう。
ユウの遺骨にお願いしてみたら、りょうは完全復活をして死すまで歩く&走ることができましたrun

そんなりょうが骨壷に収まって

9b
彼に「不可能を可能にする」オマジナイを頂きたいと願う。

りょうチャン享年16歳とジャスト半年。

彼を愛してくれた皆さま方、ありがとうございます。お陰さまで大往生できました。

|

« ギャルテニ | トップページ | Memory »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

りょうクン、天国で安らかに。
お悔やみ申しあげます。
ご冥福を心からお祈りします。

投稿: Sleeping Beauty | 2011年4月25日 (月) 11時02分

とうとうリョウ君も逝ってしまったのねweep16年間BOBBY宅で過ごせて幸せだったろうね...我が家のクーちゃんも先月7日に癌で逝ってしまいました。このブログを読んで涙sweat02が止まりませんcrying私も人間含め生き物が逝くのを初めて看取ったのでどうしたら良いかわからずただただ母親と号泣してました...しばらくはしょうがないねsweat01リョウ君ゆっくり休んでねsign03クーちゃん探して一緒に遊んであげてねdash

投稿: さっちん | 2011年4月25日 (月) 21時48分

つらいですね……。人間もペットから癒され、元気づけられますが、リョウ君も最後まで幸せだったんだと思います。これだけ大切にされていたのですから。
BOBBYが走っていたらきっとリョウ君のシルエットもスクリーンに貼られていたことでしょうね。
最後におまじないを残してくれたと信じてます。

投稿: HAL | 2011年4月27日 (水) 01時35分

さっちんサマ

さっちんの愛犬が逝ってしまったのは全然知らなかった。最近お互い会ってないしね。

基本的には物事を全く引きずらない性質なんだけど、ワンコはヤバイっすweep
毎晩、骨壷と添い寝してる。

さっちんBDも近いので、HBD&愛犬を偲ぶ会でもやろう!

投稿: BOBBYクン | 2011年4月28日 (木) 01時36分

HALさん

5年前の弔いレースを覚えていてくれましたか!
あの時はパワーを貰い、楽しく&良い結果が出せましたmotorsports

おまじないを期待してこれからも励みマッスル。

いつも、ありがとうございます。

投稿: BOBBYクン | 2011年4月28日 (木) 01時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギャルテニ | トップページ | Memory »