« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

ダブルHASHIMOTO、パラリストに納車するの儀

橋本エンジニアリングの車いすを橋本輪業が納車しました。
車いすはマグネシウムフレームを採用した超軽量リジット車いすMC-X
このマシーンをパワーリフティングでロンドン・リオパラリンピックに連続出場し東京でも活躍が期待される三浦浩選手に納車(病院にて^^;
Img_7075
このMC-X、一般販売はされていますが、今回納車した型は三浦スペシャルとなっておりまして、通常の形状とは若干異なるオンリーワンモデルなんです。
HASHIMOTO Engineering
さんが三浦選手をサポートしているので、こんなことができてしまうのですが。

実は、この納車までは長~い道のりが。
桜が咲く頃、僕としては初めて行ったパラアリーナで納車!
Img_6015
新しくて素敵な建物ですが、パラの後は撤去してしまうらしいです。勿体ない。
できあがってきたマシーンはこんな感じ↓
Img_6013
では、乗ってみましょう!
あれ、足が2本並べて乗せられない💦💦💦
そう、三浦選手はお尻の小さな方で設定外の座幅でした。
その座幅でフロントパイプが内側に絞ってあるので激細。なので靴を脱げば足が入るのですが…
という訳で、車いす乗る時は靴を脱いでお願いします!

というわけには行かず、その日は静岡からわざわざ納車に来た社長さんが持って帰りました。
まぁ、採寸したのはメーカーさんだったので仕方がないのですが。

フットレスト幅を拡げる設計をするのにもちょいと関わりましたが、結局、絞りをなくす方向でメーカーさんが決定して再製作したそうです。
その後、色々な事情があり、やっと納車ができたのが11月後半と、半年が経ってしまいました。
出来上がりは、こんな感じです↓
Img_7067
春に納車したマシーンよりフロントパイプ幅が広くなってるのが分かるかと思います。
初代の前からの画像は有りませんが、納車したモデルを前から見ると
Img_7068
フロントパイプはストレートに出ております。
あれ、1枚目の写真と何かが違いますね。
現地で急遽のホイールチェンジでした。元々SPINERGYが付いてましたがハブ(ホイールの中心の鼓みたいな形の部品)の幅が広い為、全幅が増してしまい日常生活に支障をきたすとのことでハブの狭いタイプにチェンジ。
ハンドリム・ハブ・キャスターがゴールドでそろって良い色合いになりました!
試乗した三浦選手は乗り心地を大そう気に入られていたので待った甲斐があり、良かったです。

橋本輪業(橋輪)でも橋本エンジニアリングの車いすの取り扱いがありますので、ご興味のある方はお問合せください。
しかし、サポート選手への納車を何で橋輪が関わったのでしょうかねぇ? 橋本つながりだからかな?










| | コメント (0)

座幅のスリム化に役立つ一品

今回は、車いすをスリム化したい女子への納車の儀。
ネイリストのオーナーさんはお客さんと直に対面するお仕事なので車いすの高さは変えたくないということで、以前と同じSX(モデルチェンジ前の車種より乗り換え)を選択。
Img_5818
↑ホイールは以前の車いすからTT3を引き継ぎましたが、ハンドリム交換は後日行うので傷はご愛敬ということで^^;

要望としては、外出先でトイレに入れるように幅を狭くしたい!とのことでした。
サイドレザーがフレームの内側に付いているSXであれば、フレーム外側に取り付けるサイドパネルに部品を交換してあげればフレーム約2本分広くなるので、その分座幅を狭めることができます。
詳しくはで以前に説明してあるので興味のある方はご覧ください。
http://bobbykun.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-d4fc.html

OX製品のGWX3用サイドパネルの選択肢もありますが、もっと格好良くて軽くて強い、愛知県のK-factoryさんで販売しているカーボンサイドガードを採用です。
ポン付けもできますが、オーナーさんがタイヤの面の形状に合わせたラインにしたいとのことでワンオフ製作を依頼しました。そんなこともできちゃうのがこの一品の素晴らしいところです!
Img_5819
今回製作するディメンションは決まっているので、その設定でデモ車を用意して型を起こしていただきました。
こんな感じです
http://blog.livedoor.jp/kfactory_01/archives/2019-11-14.html

出来上がってきたサイドガードを装着して、橋輪ナローキャスターも取付け完成です。
Img_5823
画像で確認してもらうと分かると思いますが、タイヤの面のラインでバッチリ決まってます。
さり気なく仕事中のオーナーさんを盗撮しました(笑)

物理的には座幅を4センチほど狭くできますが、背もたれの幅もその分狭くなって乗り心地が悪くなるので2センチのスリム化+スーツガード取付けで帳尻を合わせました。
OX
のサイドレザー付きモデルでスリム化をしたい方は参考にしてください。

| | コメント (0)

大願成就

以前からどうにかして行きたかった所の一つ。
花見の名所、墨田川さくら橋近くの待乳山
行ったけど入れなかった記事は【こちら】に。

あれから8年が経ち、最近、『待乳山にモノレールがある』という情報を奥方が入手したので確かめてみたら、なんといつの間にやら素敵な乗り物が設置されてるではないですか!
そんな訳で突撃レポート。
Img_7018
ルンルン気分(死語?)で石碑横でお上りさんモードで記念撮影。ディズニー好きがディズニーランドに行く気分??自分にはよく分からないけど・・・
でもって裏に回ってみたら、あるではないですか!素敵なアトラクションが!さくらレール。
Img_7021
この身体になってから大好きだったジェットコースターに乗れなくなっちゃったから、このレールを見上げるとなんかワクワクする。この角度もなかなかいいね!

では出発。
Img_7022
大きさは充分ですね。
折角なので動画を撮ってみた。


頂上へ到着して、そこから覗く風景は、いつも首都高から羨ましく眺めていた現場からの反対の景色!!!
Img_7025
ついに来たよ!!!
首都高とスカイツリーと桜橋がよく見えるけど、思考を江戸時代にタイムスリップして江戸湊の入り江だった頃を想像したり。実に楽しい。
本堂を裏からぐるりと一周して、いざ正面へ。
Img_7028
来たよ来たよ、ここに来たかったよ!!!やっとこさ肉眼で本堂を拝むことができて最高っす。
Img_7032
ここは大根をお供えするのが特徴であるお寺で、大根のシンボルが本堂正面入り口に飾られているのがカワカッコイイ。
本堂の中には階段があって入ることができないのが残念だけど、この地に上っていけることだけでもありがたい。
幸せなひと時だったなぁ~
これからもちょくちょくお参りしようっと。
妙法蓮華経。








 

| | コメント (0)

2020東京パラリンピック出場マシーン納車

またしてもご無沙汰な投稿になってしまいますが、今回のネタはオーエックスGW-E(電動アシストタイプ)の納車の儀です。
オーナーさんは2020東京パラのアーチェリーで出場内定しているお方です。このマシーンでパラリンピックに出るそうなので記念撮影。
Img_7010
頚損の方なので、JWX-2(電動アシストユニット)の細かいセッティングを行って、座位保持も競技に合わせてフィッティング。
Img_7006
JWX-2ユニットをPCにつないでセッティングができます。
この座位保持の後ろ側に取り付けてあるベルトは左肩をサポート。
背もたれの高さをレギュレーションに合わせるのにアルミシェルを穴あけ加工して調整しました

ポジションやベルトの幅などがレギュレーションで決まっているので、それに合わせて部品調達&金属加工も施しました。
Img_7009
身体が前にズッコケるのを防止するのに、今回のマシーンには骨盤をサポートするベルトも採用。
このベルトの太さも決まっているので幅40ミリタイプを初めて使いました。
座位保持はバリライトのアイコンバックとメリディアンウェーブの組合せです。

これ以外にもラテラルサポートパーツ(体幹保持部品)付きのスペアの座位保持装置を所有しているので、必要に応じてそちらも調整しないとね!

このマシーンで来年のパラ、頑張ってくださいね~
大会前にはマシーンのメンテとクリーニングをバッチリやります✨

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »