« 大願成就 | トップページ | ダブルHASHIMOTO、パラリストに納車するの儀 »

座幅のスリム化に役立つ一品

今回は、車いすをスリム化したい女子への納車の儀。
ネイリストのオーナーさんはお客さんと直に対面するお仕事なので車いすの高さは変えたくないということで、以前と同じSX(モデルチェンジ前の車種より乗り換え)を選択。
Img_5818
↑ホイールは以前の車いすからTT3を引き継ぎましたが、ハンドリム交換は後日行うので傷はご愛敬ということで^^;

要望としては、外出先でトイレに入れるように幅を狭くしたい!とのことでした。
サイドレザーがフレームの内側に付いているSXであれば、フレーム外側に取り付けるサイドパネルに部品を交換してあげればフレーム約2本分広くなるので、その分座幅を狭めることができます。
詳しくはで以前に説明してあるので興味のある方はご覧ください。
http://bobbykun.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-d4fc.html

OX製品のGWX3用サイドパネルの選択肢もありますが、もっと格好良くて軽くて強い、愛知県のK-factoryさんで販売しているカーボンサイドガードを採用です。
ポン付けもできますが、オーナーさんがタイヤの面の形状に合わせたラインにしたいとのことでワンオフ製作を依頼しました。そんなこともできちゃうのがこの一品の素晴らしいところです!
Img_5819
今回製作するディメンションは決まっているので、その設定でデモ車を用意して型を起こしていただきました。
こんな感じです
http://blog.livedoor.jp/kfactory_01/archives/2019-11-14.html

出来上がってきたサイドガードを装着して、橋輪ナローキャスターも取付け完成です。
Img_5823
画像で確認してもらうと分かると思いますが、タイヤの面のラインでバッチリ決まってます。
さり気なく仕事中のオーナーさんを盗撮しました(笑)

物理的には座幅を4センチほど狭くできますが、背もたれの幅もその分狭くなって乗り心地が悪くなるので2センチのスリム化+スーツガード取付けで帳尻を合わせました。
OX
のサイドレザー付きモデルでスリム化をしたい方は参考にしてください。

|

« 大願成就 | トップページ | ダブルHASHIMOTO、パラリストに納車するの儀 »

車椅子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大願成就 | トップページ | ダブルHASHIMOTO、パラリストに納車するの儀 »