車椅子

車いすダイエット

今回のネタは特注アクスルシャフトです。
『これでボク、今まで入れなかった所を入れるようになりました!』

何度かこちらのFBページで紹介した【軽量高剛性ホイール】ですが、SPINERGYホイール同様、ハブが少し厚いんです↓

1
その為、長いシャフトにスペーサー(カラーとも言う)を入れてあげて帳尻を合わせるのですが、その分ホイールを取り付けた際に幅が広がってしまいます。

これまで、どうして長いシャフトを使用していたかというと、適切な長さの製品が流通していなかったからです
coldsweats02

色々なシャフトを試してきましたが、帯に短しタスキに長し、ということで苦悩の日々を
weep
色々と悩んだ末に『じゃあ適切な長さのシャフトを作っちゃおう!』という結論に至った次第でございます。

でもって完成♪(言うのは簡単だけど、工程に時間は掛かりました)↓

2

先ずは自分のホイールに着用したところ、幅が15mmのダイエットに成功♪♪


喜びのあまり画像を撮るの忘れましたが、本日他のユーザーさんがこのNewアイテムを着用しに来たので実寸です。

施工後の幅↓

3
元の幅↓

4
斜めからの画像で詳細が分かりづらいかもしれませんが15mmダイエットに成功しましたshine

車いすの幅の15mmダイエットって、生活が変わりますからね。

ただし、1点だけご注意を。

5
矢印部分の『OXで言うところのアジャストボルト』を若干外側に突き出してあげないとハブがフレームに干渉してしまうので、そこの調整は必須です。

このアジャストボルトを突き出した上での15mmダイエット。
SPINERGY使用者の方にも有効ですよ!!
(アジャストボルトが付いてる車いすのみ対応可能です)

| | コメント (0)

最高価格を更新しちゃった自走用の車いす

自走用車いすとしては、橋輪での最高価格を更新したRD(OXの中の特注車いす部門REVの車種)のご紹介です。

色々とやることが多かったので、製作のお問合せから納車まで半年ほど掛かりました。

オリジナルペイントをご希望だったので、先ずは塗装をしない状態で入荷してきました。(一般のOXの車いすでは対応していません。)↓

A_2
日常車では無塗装ってないので、ある意味このままでカッチョエエですgood

先ずは車いすを全て分解して、ペイントするパーツを分類。

今回はフレームとクロメン(折り畳み部品)はカスタムペイント屋さんに依頼して、更にアームレストとブレーキ本体は傷が付くことが考えられるのでパウダーコーティング仕上げで別注!

フレームはサイドガードにS字のグラデーション効果を施しました。

B


アームレストとブレーキ本体はパウダーコーティング仕上げのラメ。

C

D

余談ですが、アームレストとブレーキ本体のパウダーコーティング、組み付け時に塗装膜の厚みが邪魔して上手くフィットできなくて接合部の剥離に四苦八苦coldsweats02
橋輪の若手スタッフが突貫作業してくれて何とかクリアしました!!

そして完成したマシ〜ン↓

E
色々ありましたが、オーナーさんはとても満足していただいたようで長期戦の結果オーライですnotes

車いすをオリジナルペイントしたい!という方は橋輪にお問合せいただければ、色々と相談に乗りますので、世界に一台だけのマシ〜ンを作っちゃいましょうsign03

| | コメント (0)

2016HCR情報

2016国際福祉機器展に2日行って参りましたので軽〜くレポートします。

今回は時間的な制約があって全部は見て周れませんでしたが、車いす本体は斬新な物が無いかな?って個人的な印象だったので写真すら撮っておりません。
ですので、今年はパーツのみの紹介です。

先ずは、とある展示場の片隅にポツ〜ンと置いてあった【loopwheels】

1
これ、ホイール自体がサスペンションの役割を果たすという画期的な物で数年前から注目していました。

手に取って細部を確認しましたがハブ(ホイール中心部)の厚みが気になった次第↓

2
果たしてこの厚みで元のブレーキの位置に収まるのか??との疑問が・・・
この点を含めて輸入元に数点質問したところ、「付けてみないとわからない」sweat01とのことで、デモ品も無く、直販のみ(販売店を通さない)、受注発注とのことです。

それぞれの車いすに対応するシャフト長とか、直販で対応できるのかなぁ???
この業界でとても影響力のある車いす屋さんと一緒にこのホイールを見ていたのですが、「えっ?大丈夫?coldsweats02」ってな感想です。
折角のユニークな一品なのに残念。

お次は、毎年のことなのですが、OXで足止めです。
今回は(も?)、車いすの新型は発表されていませんでしたが、パーツのニューカマーが有ったので紹介します。

1つ目は軽量ホイール【CDR】←で合ってるのか?

3
カーボン製のディープリムにAL-5のスポーク(きし麺型)の組合せの様で現行のTT-3Rよりも軽いとのこと。軽量化というのは良い事ですね!

4
ただルックスが「やってる感が無い」のと、ディープリムがハンドリムに邪魔されていて存在感が分からないので、車いす業界で受け入れられるかな? ←あくまでも個人的な感想なので悪しからず。

2つ目は、合わせのキャスター【WCR5】←で合ってるのか?

5

6
最近はドブ板の隙間とかグレーチングをそのまま通過できるワイドキャスターが人気ですが、ゴムの部分が減ってくるとキャスト部分(ゴムの内側の部品)を含めたアッセンブリーで交換しなくてはいけないので、この企画はとってもECOだと思いました。

この構造だとゴムの交換はとっても簡単!
キャストの色が赤とか青とか色が選べたら更に良いかな!と。

最後に、とっても気になる一品を。
まだ試作品ですが、OXの創業者の故石井さんにずっと懇願していた【折り畳み車いす用のフリーウィル的な大型中央前輪】
これを紹介してもらいました!!!

7
これさえあれば、観光地の砂利道とか大王わさび農場の砂利道(あくまで個人的な趣向)とか寺社仏閣で、わざわざウィリー走行しなくても楽々走破(^^♪

OXのお偉方さんに「是非販売を!」とお願いして帰宅した後、夜道に犬の散歩をしていたら車いすの前輪が段差に引っ掛って飛んでしまいましたcoldsweats01
週明けに、この製品化を早速お願いしようと実経験を持って思った次第でございます。
このアイテムが有れば、車いすユーザーは路面を気にせずに色々な所を走破できること間違いなしgood
期待しておりマッスル!

以上、さらっと2016HCRネタを披露しましたの巻。

| | コメント (0)

色々できちゃうホイールの巻

先日【コチラ】 で軽量&高剛性ホイールのお知らせをしましたが、ようやくご提供できる体制が整いました!

以前ちょいと宣伝しただけですが、興味を持ってくれた方々から注文が入ったので、その中の2点を紹介します。

先ずは、スポークをトリコローレ(イタリアの国旗カラー)にして欲しい!とのご依頼をいただいたので、メーカーに発注。
赤/緑/白の、こんなスポークの組合せも全然OKです!

1
更にハンドリムもトリコローレで↓

2
という訳で、こちらは国内でのパウダーコーティング仕上げとなるのですが、キッチリ仕上げてもらいました。

で、ホイールとハンドリムを組み合わせてみると、こんなスタイルも有りですね↓

3
正にイタ車輪coldsweats01
こちらのユーザー本人は、とても満足してくれて良かったshine

お次は、以前紹介した僕のホイールに恋しちゃった(?)お客様より全く同じ物の依頼を受けました。
紫ハブ(ホイールの中心の筒型の部品)に白スポーク、そしてハンドリムは裏メニューのカラーで↓

4

元々TT-3が付いていたマシーン↓

5
からの、今回のホイールに変更。
TT-3からの乗り換えなんて贅沢ですねぇ〜
価格的にはコストダウンですが・・・

6
車いすのフレームに紫を採用しているので、ホイールのハブとハンドリムも紫系になり、お洒落な感じです。

今回ご紹介したホイール、
ハブが6色×スポークが6色=36通りに、更にハンドリムを塗装すると無限の組合せができるのでオリジナリティを出せますね
good
ハブの色が・黒、そしてスポークが・白・黒、のお好きな組合せを選べます。

価格も決定!
540(24インチ)で¥75.000(税別) とってもリーズナブル価格dollar
気になる方はお問合せ ください。
559と590と700も有りますが、540より高くなっちゃいます。シャフトも各種用意してありますので、色々な車種に対応可能です。

個人的にこのホイールを4か月間使ってますが、特に問題もなく、乗り心地はTT-3よりも衝撃吸収してくれて柔らかい感じで気に入っております。

| | コメント (0)

スリムボディー化

素敵なパーツをGETしました! リアルなカーボン製のサイドガードです。
OX製の車いすにはオプションで樹脂製のサイドガードを取付けられますが、先ずはそのパーツの利点から説明しちゃいますね。

1
標準装備(側板付モデルは除く)のサイドレザーは、左側の赤丸で囲まれた所、フレームの内側に装着されています。

そして、オプション品の樹脂製サイドガードは、右側の画像の通り、フレームの外側に装着できます。
つまり、サイドガードを取り付けることによって画像右側の⇔の幅の分が拡がります!
OX製のフレームは直径24mmなので、計算上の幅は24mm×2(両側)=48mm拡がります。
ただし、サイドレザーは横に伸びてくれるのを考慮して約2cmくらいは拡がるかな。
拡がるということは、サイドレザーからサイドガードに交換することによって、
逆に元のフレーム幅を2cmくらい狭くすることができちゃうんです。
車いすの幅を縮めるメリットは、
『今まで通れなかった所が通れるかも!』や『車いすを漕ぐ位置が内側になるので、漕ぎやすくなる!』など・・・
こんな事情により、純正サイドガードに交換もしくは購入時に装着する方が多いです。僕もその一人。
ただマイナートラブルとしては↓

2
後付けで下方のベルトだけで内側方向に張っているので、たまに横に振られた時にサイドガードがタイヤに干渉してしまいます。(ピンク丸が擦り傷)

ちなみに、僕の室内用車いすは上方に穴を開けてタイラップで背もたれのフレームに留めたら、問題解決。ただし、見た目がよろしくない。
という訳で、サイドガードの上側にキレイに2か所の穴(白い丸の部分)を開けてベルトで固定しちゃおう!とモディファイを考えていた矢先・・・
いつもお世話になっている、車いすのスペシャルショップの【K-factory】さんが素敵な部品を販売開始しました。↓

3
しかも、強度の強いリアルカーボン仕様!!早速、仕入れさせていただいて直ぐにマイマシーンに装着。

結果は、すこぶるよろし♪ 重量は半減。↓

4

上方のベルト固定によってタイヤとの接触は無くなりました(^^♪

5

軽量化の上に、純正のサイドガードの厚みが約4mmに対して、このリアルカーボンの幅は約2mm。
ということは、純正からこのサイドガードに交換すると、タイヤとの隙間が(4-2)×2=4mm拡がっちゃいます。
その分とサイドガードの振れが軽減した分を縮めちゃいましょう!

6
アクスル(ホイールがフレームに差し込んである場所)を両サイドで1cmほど縮めて更にスリムボディーに♪

とっても素敵なパーツです。
部品だけを購入したい方はK-factoryさんに直接注文しちゃってください。
橋輪でも販売は可能なので、車いす購入時に装着したい方やスリム効果のセッティングをして欲しいという方はご相談ください。

| | コメント (0)

中心主義

テニス用車いすのホイールベアリングが外れてしまう件

...な修理依頼を受けました。

一般の車いす屋さんでは引き受けない作業ですが、橋輪は輪業なので、ご要望にお応えすべく!

ホイールの中心に居座るハブ(鼓みたいな形の物)のベアリング(軸受け)が抜けてしまってオーナーさんが叩き入れたらキチンと入らずにスカスカになってしまったご様子。
こういう時は無理に挿入するのは止めましょう!
男女の関係と一緒ですね(笑)

キチンと垂平に圧入する工具が必要になるのでご注意くださいね〜

という訳でハブの交換と相成りました。
ただ、部品をサクッと交換するだけではないので輪業テクが必要になります。

元のホイールのスポークをサクッと分解して新品のハブにスポークを組み付けます↓

1

リム(輪っか)の振れ取りをしながら、センターゲージという特殊工具を使い、ハブ(鼓)に対してリム(輪っか)が真ん中になっているかをチェックする作業↓

2

3

最終チェックして交換完了!

4

・・・といった工程です。
文章にすると簡単そうですが、匠(?)の技を必要としますので、今回ご紹介した内容と同じようなトラブルを抱えている方がいれば、ご相談ください!

| | コメント (0)

New Comerホイールの巻

海外より今まで取扱いの無いホイールを輸入してみました↓

2
パッと見、「SPINERGY」っぽいんですが、まがい物ではありません。
(SPINERGYはスポークに特許を持っているとか)

SPINERGYとはスポークが違うようです。柔らかいスチールがナイロンに包まれる形状で弾力性に優れています。
耐荷重量は、メーカーのテストでSPINERGYが120kgに対してコチラが260kgとのことです。

このホイールはハブ(画像2)のカラーが6色選択できるのが素敵な所です!

3
今回、輸入してみよう!と思ったのは、このハブのカラーが選択できるというお洒落な所が気に入ったからなんですよshine

スポークも6色から選べますよ↓

4
スポークの選択肢はSPINERGYの方が多いですが、ハブ6色×スポーク6色=36色の選択肢はカスタム心を揺さぶりますup

見た目の選択肢は多いのは良いことですが、肝心の性能は?
もちろん責任もって自分がテストしますよ!

マイマシ〜ンにそのままのホイールを着けては芸が無いので、ハンドリムをパウダーコーティング。
ペイント会社で取扱いを止めてしまったカラーを、お願いして調合してもらいました。

5
やはり、この色は深みがあって良いですねぇ〜

ついでに、キャスターフォークの三つ又部分も同色にコーティング。

6
実は、一度できあがってきた色がチョイと希望に沿わず、やり直ししてもらいました。我がままを聞いていただき、ありがたいことですnotes

格好良く仕上がってきたハンドリムを組み込んで重量を計測↓

7
1.06kg

SPINERGYのライトエクストリームが1.14kgなので、重量的にも合格ですgood

次に、出荷状態でのホイールの振れをチェック(ここは肝心)。

8
とって〜も優秀sign03 問題なしです!
この辺のクォリティーに関しては、色々なメーカーの物よりも優れていますね。生産国の問題??

最後にマイマシ〜ンに組み付けて完成です。

9
ハブの色が選べるので、好きな色にまとめられるのがとっても良いかと思います。

今のところ、乗り味はブレが少なくて好印象good
採用決定しましたmotorsports

ちなみにホイールサイズは540(24”)・559(25”)・590(26”)・700(27”)の4種類(全てハブとスポークの色を選択可能)。
540は12本スポークですが、それ以外はスポーツ用としての耐久性を出す為に24本スポークを採用しているそうです。

700サイズのホイールはMyテニス車で検証してみます。
で、気になるお値段ですが、まだ決めてませんcoldsweats01
でも、SPINERGYの流通価格の7〜8割程度でご提供できそうですよyen

| | コメント (0)

筆卸しなLX

1b
連日の納車風景の中、今回はREV製のLX。

渋いマットブラックの男前なカラー!

ですが、オーナーさんは女性です。
最近はこの色を選択する女性が増えてきてますね。シックって感じですかね?

 

このLXは軽量でとても良いモデルなのですが、調整機構が少ないので、どちらかというとポジションが決まった2台目以降の方にオススメです。
ですが、このオーナーさんはこれが初マシ〜ン。

「とにかく軽い車いすを!」との希望でしたので、デモ車に乗っていただき「乗りやすい!」と喜んでいただいての採用です!
納車後は「軽い〜軽い〜」と満足そうで良かったです♪

ひな祭りの日に女子への納車で画像を載せたかったのですが、当日の衣装が披露したくないとのことでマシ〜ンだけの紹介で残念。

次回はちょっとエッチな(?)納車の儀を紹介する予定です。

| | コメント (0)

カスタムペイントな車いす

前回に引き続き納車ラッシュの模様をご案内します。
今回はカスタムペイントを依頼された1台!
オーナーさん自身がデザインされた色分けをカスタムペイントしました。 先ずはご本人が作ったイメージです↓

1

OXさんの車いす、一般的なセミオーダータイプのOXブランドとフルオーダーのREVブランドの2種類が有りますが、今回はOXブランド製品につき、未塗装の指定ができませんでした。
ですので、とりあえずホワイトのフレームを注文した物が入荷↓

A

サクッと分解してフレームのみにして塗装に出す準備をします↓

B ペイントしてくれるショップは昔からのお付き合いのある信頼できる所なので、オーナーさんのデザインの画像を送っただけで仕上りは完璧!

C 出来上がってきたフレームを見て「本物だ!」と、橋輪スタッフ一同は感動しました。

細部を確認しながら組み上げて完成です↓

D

元のイメージにピッタリで素晴らしい!(細部は変わってますが、オーナーさんの意向なので悪しからず)
そして、本日納車してきました。

E オーナーさんは出来栄えに大変喜んでおり、オーダーを受けた橋輪としても嬉しい限りです(^^♪

以前もマイマシ〜ンのカスタムペイントをコチラ で紹介しましたが、安価でクオリティーの高い仕上げができるので、興味の有る方はご相談くださいね!
本日はもう一台の移植納車の儀がありましたが、自分が出張納車に出かけていたので画像が無くお伝えできずにすみません。
さて、次回はひな祭りにちなんだ納車風景を紹介したいと思います。

| | コメント (0)

スカイライナー仕様?

今週は納車ラッシュですが、なぜかREV車が多いです。
先ずは第一弾のRC。

1_3 RCはフレームがヒョウタン型のGフレームとモナカ型のボックスフレームを選択できるのですが、こちらはモナカ仕様。

紺系/パールホワイトの2色塗装を選択されました。 なんだか、スカイライナーみたいで個人的には好きです。

折り畳み部分のクロスメンバーがさり気無くガンメタなのがワンポイントで格好良いですね!

2 あれ?RCってクロスメンバーは全てガンメタでしたっけ??

自分もRCユーザーですが、カスタムペイントしてしまっているので記憶にございません(^^;

次回の納車ネタは、派手なカスタムペイント車を紹介します!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧