車椅子

表彰式仕様マシーン

2か月ほど前に『羽田空港で採寸』のネタを紹介しましたが、その時のマシーンが完成したのでお披露目です!

オーナーさんは2020東京パラのパラ水泳でメダルの期待大の小池さくらちゃん。

E2
20ポーズをとってもらいました。

このマシーンで表彰台に上って、そしてインタビューを受けることも想定してサイドプレートにhasirinステッカーを貼らせてもらっちゃいました。
程よいステッカーが1枚しかなくて右側だけに貼ったので、インタビューは右からのカメラアングルでお願いします>2020のカメラマンさん

マシーンのカラーリング、ラメ入りの青/黄のツートン。グラデーションの出方もなかなか格好良く、かなりいい感じに仕上がりました。

B

C

D

更にホイールもこってます。

ハブ(中心部)とハンドリムはブルー、スポークは内側をブラックで外側をイエロー。このスポークの組合せは内側のブラックが目立たなくて本数が少なく見えてカッコイイんです。

A
余談ですが、やっとこのホイールのネーミングが決まりました。STRADA(ストラーダホイール)。
やっとページも完成したので、このホイールが気になる方はコチラ をご覧ください。

プレッシャーをかけるつもりはありませんが、このマシーンで表彰台に上がるのを期待しているので、さくらちゃん頑張ってgood

| | コメント (0)

はるかな星が故郷だ

エメリウム光線~~~

A

お久しぶりな投稿になりますが、本日の納車の儀。

3年前、小学生の時に作った車いすはあっという間に小さくなってしまい、今回は大人用のSRを選択。カラーリングは前方赤系、後方銀系down

B

このカラー、どう考えてもあのカラー。
なので、本人の承諾もなく勝手に『あのステッカー』を製作down

C
そして勝手に貼ってしまいます。
まぁ、剥がすのは簡単だからいいかっcoldsweats01

D
フレーム下部にはミラー系シートで『ウルトラマン』ロゴup

E
クロスメンバー(折り畳み部)の中心の部品には青くカラータイマーup

家に帰ったらすぐに剥がされるんだろうな、と思って貼ったのですが、なんと本人、ウルトラマン大好きだった!
しかも渋くウルトラセブンファン。
なのでエメリウム光線のポーズをとってもらいました。

なんでも、グッズも持っているようなのでコスプレして今度写真を撮り直しますcameraカラータイマーの部分もちょっと仕上がりがよろしくないので改良しておきますgood

| | コメント (0)

羽田空港にて初体験

羽田空港へ女子高生をお見送り!ではなく、空港で車いすの採寸という何とも初めての状況。

Img_5164_2

お相手はパラ水泳選手の小池さくらちゃん。
昨年のアジアユースパラの騎手を務めた時の画像を見て、車いすがちょっと小さいかなと。2020年の東京パラのメディアへの露出は必至なので、見た目重視の格好いい車いすを作りましょう!

ご本人は学生生活やら練習やらで忙しく、海外遠征前の空港の出発ロビーでやっとこさ採寸となりました。
それにしても彼女と待ち合わせするのはいつも変わった所です。
以前は自分が行くライブ会場でコスプレにて会ってみたり↓

C

さくらちゃんとは10年くらいのお付き合いになるけど、昔お店に来た時の画像があったのでサービスしちゃいますcamera

1
カワイ子ちゃんlovely

成長するのは本当に早いもので、ついこの前までちびっ子だったのに、

今の彼女のガタイの良さにビックリしちゃいました。

Img_5154

ご両親も交えて、皆でマシーンの作戦会議をして、中々カッコ良いメディア映えしそうな形にまとまりました。

Img_5166

特徴的なマシーンなので、納車の時にお披露目します。

東京パラの表彰台を今から楽しみにしてます!

| | コメント (0)

クロメンコーティング

今回はクロスメンバー(折り畳み部)交換&改造のお話し。
主役はマイマシーンですが…😅

20キロほど激ヤセしたので車いすがブカブカになり幅を詰めることにしました。

折り畳み車いすの場合、縦の
ラインの部品(背部・座部・フットレスト部・クロスメンバー)を交換してあげると幅の変更ができます。

⇩クロメンが届くとすぐにパイプをカット
hairsalon

2
OXの車いすの奥行は最長42cmで次は38cm。個人的な好みですが、42cmだとトランスするのにフレーム先端に手を掛けた時にクロメンの先が邪魔になります。
しかし38cmだと短すぎる。
したがって、その中間の長さの40cmにしちゃいましょう!
先ずはパイプを2cmカット(シートレザーのカラーもカットします)。


⇩お次は、クロメンのキャップを留める為のイモネジ穴を開けます。

3
この加工、何気に地味で大変な作業なんです。失敗できないしcoldsweats01
これにて下地の準備は完了です!
マイマシーンはOXの特注部門REV車なので、一般の車いすの黒いクロメンとは異なりガンメタで塗装されているちょっと特別な仕様。
ですが、そんなのを気にもせずにコーティングに出しちゃいます。
今回のコーティング、後日改めて紹介しますが、新しい革新的な塗料を選んでみました。

⇩元々はブルーとホワイトのグラデーション仕様

5

⇩ハブ・ハンドリム・キャスター等の色に合わせる形でパープル系で。

4

最近職場が忙し過ぎてクロメン交換する時間も無かったので自宅に持ち帰ってリビングで夜なべしての作業


💦
病み上りjs体幹がフラフラになってしまったこの身体で車いすに乗ったまま床で作業できるのか?
と心配しましたが、かなり苦戦した結果、なんくるないさぁ~


クロメンは目立たない部分で暗くなるので、あえて他の部品より少し明るめの色にしてみましたが、結果バランスよく仕上がったかなと。

1

今までクロメンの塗装は色々とやってきましたがウレタン塗装のみで、今回初めてパウダーコートを施してみました。

クロメンはホルダーとの接合部が剥げてしまうのが常なので、強いパウダーコーティング仕上げでの耐久性を観察したいと思います。

| | コメント (0)

AK-6から早6年

ちょっとずれ込みましたが中学校入学を機に新調した車いすの納車の儀です。
車種は大人用のSRにTT3Rカーボンホイールの組合せ。

Img_5142
座面がまだ少し大きいので部品を組み替えてショート仕様にしてピッタリでした!

今まで乗っていたマシーンからすると大分アダルトな感じになったので、同席していたお父様が『寂しい』と言っておりましたweep

彼のことは5歳くらいから知っているので、成長の早さに驚きです。

今までの愛車、OXと橋輪のコラボの子供用に改造したXR、なんと5年半も乗ってしまいました!【納車時の記事】

Img_5143
小学生の間ずっとです。乗り方がアグレッシブ(はっきり言うとザツsweat01💦)だったので、あっちが外れて、こっちが折れてなんてことを繰り返して、これまで頑張ってきてお疲れ様です。

中学生活をEnjoyしてね~

| | コメント (0)

ホワイトリング

今回はREV製LR納車のご紹介。

Img_5050
先にマシーンだけ写真を撮っておきましたが、納車がバタバタしていてオーナーさんを撮影するのをスッカリ忘れてましたcoldsweats02😓
4月から高校生になったオーナーさんですが、お母さまの強いご要望が「とにかく軽量」。ということでLRを選択してアームレスト等も採用しませんでした。
アンダーネット等のアクセサリーを取り付けた後の重量は9.4kg!!
折り畳みの実車で10キロ切りは凄いです!

そして、初の試み。
ハンドリムのホワイトコーティング。

Img_5051
これもお母さまの希望ですが、ホワイト系のフレームにマッチしていて中々アリnotes

高級車、大切に乗るとオーナーさん約束してくれました
good

| | コメント (0)

冬季オリンピックのオランダを思い出す

オーナーさんにとって今年に入って2台目となる車いすの納車の儀。

1
ちなみに3台目のフルオーダー車も現在製作中!

このファミリーは家族五人全員お客様(ご本人以外は自転車)で本当にありがたいです。
お母さまより「とにかく派手に!」という依頼を受けてオレンジとブルーで攻めることになりました。冬季オリンピックのオランダユニフォーム状態。🇱🇺

5

標準装着のタイヤは処分してブルータイヤに交換、ハンドリムはオレンジのパウダーコート↓

2

クッションカバーもブルーでコーディネートです。

橋輪ユーザーさんにはサービスしているロゴもオレンジとブルーで作成↓

3

サイドガードは外側がザラザラで粘着が悪くなるので、ツルツルの内側を外側に向けて(左右交換)縁取りステッカーを貼り付けします。

4

仕上がりに本人もお母さまも喜んでおり嬉しい限りです!
もう1台も、かなり凝っているので完成したら紹介しちゃいます。

| | コメント (0)

車いすダイエット

今回のネタは特注アクスルシャフトです。
『これでボク、今まで入れなかった所を入れるようになりました!』

何度かこちらのFBページで紹介した【軽量高剛性ホイール】ですが、SPINERGYホイール同様、ハブが少し厚いんです↓

1
その為、長いシャフトにスペーサー(カラーとも言う)を入れてあげて帳尻を合わせるのですが、その分ホイールを取り付けた際に幅が広がってしまいます。

これまで、どうして長いシャフトを使用していたかというと、適切な長さの製品が流通していなかったからです
coldsweats02

色々なシャフトを試してきましたが、帯に短しタスキに長し、ということで苦悩の日々を
weep
色々と悩んだ末に『じゃあ適切な長さのシャフトを作っちゃおう!』という結論に至った次第でございます。

でもって完成♪(言うのは簡単だけど、工程に時間は掛かりました)↓

2

先ずは自分のホイールに着用したところ、幅が15mmのダイエットに成功♪♪


喜びのあまり画像を撮るの忘れましたが、本日他のユーザーさんがこのNewアイテムを着用しに来たので実寸です。

施工後の幅↓

3
元の幅↓

4
斜めからの画像で詳細が分かりづらいかもしれませんが15mmダイエットに成功しましたshine

車いすの幅の15mmダイエットって、生活が変わりますからね。

ただし、1点だけご注意を。

5
矢印部分の『OXで言うところのアジャストボルト』を若干外側に突き出してあげないとハブがフレームに干渉してしまうので、そこの調整は必須です。

このアジャストボルトを突き出した上での15mmダイエット。
SPINERGY使用者の方にも有効ですよ!!
(アジャストボルトが付いてる車いすのみ対応可能です)

| | コメント (0)

最高価格を更新しちゃった自走用の車いす

自走用車いすとしては、橋輪での最高価格を更新したRD(OXの中の特注車いす部門REVの車種)のご紹介です。

色々とやることが多かったので、製作のお問合せから納車まで半年ほど掛かりました。

オリジナルペイントをご希望だったので、先ずは塗装をしない状態で入荷してきました。(一般のOXの車いすでは対応していません。)↓

A_2
日常車では無塗装ってないので、ある意味このままでカッチョエエですgood

先ずは車いすを全て分解して、ペイントするパーツを分類。

今回はフレームとクロメン(折り畳み部品)はカスタムペイント屋さんに依頼して、更にアームレストとブレーキ本体は傷が付くことが考えられるのでパウダーコーティング仕上げで別注!

フレームはサイドガードにS字のグラデーション効果を施しました。

B


アームレストとブレーキ本体はパウダーコーティング仕上げのラメ。

C

D

余談ですが、アームレストとブレーキ本体のパウダーコーティング、組み付け時に塗装膜の厚みが邪魔して上手くフィットできなくて接合部の剥離に四苦八苦coldsweats02
橋輪の若手スタッフが突貫作業してくれて何とかクリアしました!!

そして完成したマシ〜ン↓

E
色々ありましたが、オーナーさんはとても満足していただいたようで長期戦の結果オーライですnotes

車いすをオリジナルペイントしたい!という方は橋輪にお問合せいただければ、色々と相談に乗りますので、世界に一台だけのマシ〜ンを作っちゃいましょうsign03

| | コメント (0)

2016HCR情報

2016国際福祉機器展に2日行って参りましたので軽〜くレポートします。

今回は時間的な制約があって全部は見て周れませんでしたが、車いす本体は斬新な物が無いかな?って個人的な印象だったので写真すら撮っておりません。
ですので、今年はパーツのみの紹介です。

先ずは、とある展示場の片隅にポツ〜ンと置いてあった【loopwheels】

1
これ、ホイール自体がサスペンションの役割を果たすという画期的な物で数年前から注目していました。

手に取って細部を確認しましたがハブ(ホイール中心部)の厚みが気になった次第↓

2
果たしてこの厚みで元のブレーキの位置に収まるのか??との疑問が・・・
この点を含めて輸入元に数点質問したところ、「付けてみないとわからない」sweat01とのことで、デモ品も無く、直販のみ(販売店を通さない)、受注発注とのことです。

それぞれの車いすに対応するシャフト長とか、直販で対応できるのかなぁ???
この業界でとても影響力のある車いす屋さんと一緒にこのホイールを見ていたのですが、「えっ?大丈夫?coldsweats02」ってな感想です。
折角のユニークな一品なのに残念。

お次は、毎年のことなのですが、OXで足止めです。
今回は(も?)、車いすの新型は発表されていませんでしたが、パーツのニューカマーが有ったので紹介します。

1つ目は軽量ホイール【CDR】←で合ってるのか?

3
カーボン製のディープリムにAL-5のスポーク(きし麺型)の組合せの様で現行のTT-3Rよりも軽いとのこと。軽量化というのは良い事ですね!

4
ただルックスが「やってる感が無い」のと、ディープリムがハンドリムに邪魔されていて存在感が分からないので、車いす業界で受け入れられるかな? ←あくまでも個人的な感想なので悪しからず。

2つ目は、合わせのキャスター【WCR5】←で合ってるのか?

5

6
最近はドブ板の隙間とかグレーチングをそのまま通過できるワイドキャスターが人気ですが、ゴムの部分が減ってくるとキャスト部分(ゴムの内側の部品)を含めたアッセンブリーで交換しなくてはいけないので、この企画はとってもECOだと思いました。

この構造だとゴムの交換はとっても簡単!
キャストの色が赤とか青とか色が選べたら更に良いかな!と。

最後に、とっても気になる一品を。
まだ試作品ですが、OXの創業者の故石井さんにずっと懇願していた【折り畳み車いす用のフリーウィル的な大型中央前輪】
これを紹介してもらいました!!!

7
これさえあれば、観光地の砂利道とか大王わさび農場の砂利道(あくまで個人的な趣向)とか寺社仏閣で、わざわざウィリー走行しなくても楽々走破(^^♪

OXのお偉方さんに「是非販売を!」とお願いして帰宅した後、夜道に犬の散歩をしていたら車いすの前輪が段差に引っ掛って飛んでしまいましたcoldsweats01
週明けに、この製品化を早速お願いしようと実経験を持って思った次第でございます。
このアイテムが有れば、車いすユーザーは路面を気にせずに色々な所を走破できること間違いなしgood
期待しておりマッスル!

以上、さらっと2016HCRネタを披露しましたの巻。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧