車椅子

玄関にて


貯めこんでるネタをアップしていかないと写真フォルダーがパンクしてしまいそうです。

というわけで、今回は「あの人」に登場してもらいました。
Img_7743 
半年ほど前も同じ内容で部品交換しましたが、またしてもホイールのアジャストボルト(受け口)のトラブル。
Img_7744
部品の精度の問題?それとも横Gを掛けすぎ?💨

最近、国枝選手の車いすを診る時は橋輪店舗ではなく、もっと広くてキレイな😅マンションのロビーにて。
実は彼とは住まいが目と鼻の先だったり。
調整が終われば、隣のお寿司屋さんに連れて行ってもらえるのが目的だったり・・・
近々ちょっと面白そうなネタを披露する予定なので乞うご期待!

実現するかなぁ?頑張ろう!

| | コメント (0)

え、何が?すごいんです!

しばらく放置している間に世界中がコロナ旋風になってしまいましたね。
そんな中、自分は以前ガンの治療で放射線を浴びているので、基本的に人込みはドクターストップ。
免疫力が無いので「コロナに掛かったら死ぬよ」と脅されていたり・・・(・・;)

なもので、職場へは殆ど行かずにテレワークってやつです。
結構仕事あるんですよ。今風?にZOOMで遠隔採寸やったりもしてます。

で、一番忙しいのは久々の【橋輪HP】のリニューアル。橋輪LOGOなんかも製作中でずっとさぼってたHPを大幅更新中。
まだアップはしてませんが・・・
それでもって、ため込んだ記事もコチラに書かないといけないので急ぎ足で色々と紹介して行きましょう!

今回のネタは「超軽量介護用車いす」???
モデルは橋本つながりの【橋本エンジニアリング】のX70という折り畳み車いす。
ここのウリのリジット車MC-Xではありません。MC-Xのネタは以前【こちら】で紹介しました。

見た目は↓こんな感じ
Img_7396
「普通の介護車いすでは?」と思われるかと。
はい、その通りです。ただ、コイツ凄いんですよ。やるんですよ。何気に。

仕様としては、折り畳み車いす・跳ね上げ式フットレスト・アームレスト・背折れ機構・介助ブレーキなど
・・・重い部品が盛り沢山。
なのにですね・・・
重さを量ると
Img_7393
見えにくいですね(^^;)
アップ↓
Img_7395
じゃーん
なんと、10.47キロ。
これだけの部品が付いてて、この重量。
業界の人なら分かると思いますが、かなり絞ってます。
やり手です!!!

ただし、見た目と乗り味は、ハッキリ言ってしまいますが「普通でした」

介助する側にとっては、ありがたい車種ですね。車への積み込みは楽ですし、介助グリップの高さも充分。
X70は当店で取り扱いしておりますので、ご興味のある方はお問合せください。
値段は「普通ではありません」
でした。

| | コメント (0)

車いす席 東京ドーム &車いすデコレーション

今年最後のライブに参戦してきました。
今年の最後、そして今回で観戦するのも最後になってしまう老人ロック軍団KISSの東京ファイナルライブ。
自分が初めて聞いた洋楽がKISSだったし、これまで何回もライブに行ってたので残念。

折角だからコスプレして行こう!とは思ったけど、一人でコスプレはむなしいので、とりあえず車いすだけデコしよう!と。
先ずは乗っていく車いすをチョイス。
最新のRCが座高が高い(ライブで見やすい)のでこれに決まり。
Img_7115
このサイドパネルにステッカーを作って貼っていきます。
しかし、元のステッカー外してライブ後に貼りかえるのもなんなので、プレートを外して裏側に貼ることにしました。

いつものように、画像データをソフトでアウトライン化してカットラインを作り専用プロッターでカットアウト。
Img_7116
そして、一番面倒なカス取り(カットした外側を剥いていく)。できたものを転写して貼ります。
先ずは片側が完成!
Img_7118
4人の顔型とKISSロゴ。
そして、反対側もカットして完成!
Img_7120
これはラインが細かいのでカス取りが結構大変だった💦💦

これらの貼った裏側を表にするように左右を入れ替えて車いすに戻す。
Img_7124
さり気なくKISS ARMY。完璧な自己満モード!

今回のプロモーターはUDOですが、ここの対応は最高に良いです♪
チケット購入前に車いす席の問合せをしたら、サクッと回答が返ってくるし、ライブ数日前に車いす席の確保の電話をしても、すぐにオペレーターにつながり、『こちらで既に確保してあるので予約は不要です!』って。
流石一流プロモーター❗❗

普段行ってるアッチ系のライブの場合、電話100回くらいしてもつながらない事も多々あるし、対応悪いし・・・
そんなのに慣れてるから、地獄の軍団のライブが天国の軍団の様だった。

でもって、東京ドームの会場入り。
いつものプロ野球選手の通路を通り抜けてベンチの横のカメラマン席。
Img_7129-1
ステージからはチョイと距離はあるけど、高台の上に着座なので良く見えるし安定です。

今回は撮影OKなので、先日GETしたiphone11PROで暗い中を撮ってみたけど・・・
Img_7147-1
それなりですね。テクが無いだけかもしれないけど。

ラストは何となく予感してたYOSHIKIが出てきてドラム叩いて、バルーンが舞い踊る。
Img_7157-1
こういう時、カメラマン席は最高なんだよね!

Img_7171
ちゃっかりGENEとPAULのバルーンをゲットしました。

一夜限りのステッカー、剥がすのが勿体なくて、そのままにしてあるんだけど、どうしようかと悩んでおります。
普段使いにはちょっと頭悪そうだしなっ・・・

年明けは、待ちに待ったアノ天使の単独ライブのチケットをGETできたので、車いすでは初めて行く会場の案内がまたできると思います。

I wanna rock and roll all night and party everyday💋

| | コメント (0)

ダブルHASHIMOTO、パラリストに納車するの儀

橋本エンジニアリングの車いすを橋本輪業が納車しました。
車いすはマグネシウムフレームを採用した超軽量リジット車いすMC-X
このマシーンをパワーリフティングでロンドン・リオパラリンピックに連続出場し東京でも活躍が期待される三浦浩選手に納車(病院にて^^;
Img_7075
このMC-X、一般販売はされていますが、今回納車した型は三浦スペシャルとなっておりまして、通常の形状とは若干異なるオンリーワンモデルなんです。
HASHIMOTO Engineering
さんが三浦選手をサポートしているので、こんなことができてしまうのですが。

実は、この納車までは長~い道のりが。
桜が咲く頃、僕としては初めて行ったパラアリーナで納車!
Img_6015
新しくて素敵な建物ですが、パラの後は撤去してしまうらしいです。勿体ない。
できあがってきたマシーンはこんな感じ↓
Img_6013
では、乗ってみましょう!
あれ、足が2本並べて乗せられない💦💦💦
そう、三浦選手はお尻の小さな方で設定外の座幅でした。
その座幅でフロントパイプが内側に絞ってあるので激細。なので靴を脱げば足が入るのですが…
という訳で、車いす乗る時は靴を脱いでお願いします!

というわけには行かず、その日は静岡からわざわざ納車に来た社長さんが持って帰りました。
まぁ、採寸したのはメーカーさんだったので仕方がないのですが。

フットレスト幅を拡げる設計をするのにもちょいと関わりましたが、結局、絞りをなくす方向でメーカーさんが決定して再製作したそうです。
その後、色々な事情があり、やっと納車ができたのが11月後半と、半年が経ってしまいました。
出来上がりは、こんな感じです↓
Img_7067
春に納車したマシーンよりフロントパイプ幅が広くなってるのが分かるかと思います。
初代の前からの画像は有りませんが、納車したモデルを前から見ると
Img_7068
フロントパイプはストレートに出ております。
あれ、1枚目の写真と何かが違いますね。
現地で急遽のホイールチェンジでした。元々SPINERGYが付いてましたがハブ(ホイールの中心の鼓みたいな形の部品)の幅が広い為、全幅が増してしまい日常生活に支障をきたすとのことでハブの狭いタイプにチェンジ。
ハンドリム・ハブ・キャスターがゴールドでそろって良い色合いになりました!
試乗した三浦選手は乗り心地を大そう気に入られていたので待った甲斐があり、良かったです。

橋本輪業(橋輪)でも橋本エンジニアリングの車いすの取り扱いがありますので、ご興味のある方はお問合せください。
しかし、サポート選手への納車を何で橋輪が関わったのでしょうかねぇ? 橋本つながりだからかな?










| | コメント (0)

座幅のスリム化に役立つ一品

今回は、車いすをスリム化したい女子への納車の儀。
ネイリストのオーナーさんはお客さんと直に対面するお仕事なので車いすの高さは変えたくないということで、以前と同じSX(モデルチェンジ前の車種より乗り換え)を選択。
Img_5818
↑ホイールは以前の車いすからTT3を引き継ぎましたが、ハンドリム交換は後日行うので傷はご愛敬ということで^^;

要望としては、外出先でトイレに入れるように幅を狭くしたい!とのことでした。
サイドレザーがフレームの内側に付いているSXであれば、フレーム外側に取り付けるサイドパネルに部品を交換してあげればフレーム約2本分広くなるので、その分座幅を狭めることができます。
詳しくはで以前に説明してあるので興味のある方はご覧ください。
http://bobbykun.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-d4fc.html

OX製品のGWX3用サイドパネルの選択肢もありますが、もっと格好良くて軽くて強い、愛知県のK-factoryさんで販売しているカーボンサイドガードを採用です。
ポン付けもできますが、オーナーさんがタイヤの面の形状に合わせたラインにしたいとのことでワンオフ製作を依頼しました。そんなこともできちゃうのがこの一品の素晴らしいところです!
Img_5819
今回製作するディメンションは決まっているので、その設定でデモ車を用意して型を起こしていただきました。
こんな感じです
http://blog.livedoor.jp/kfactory_01/archives/2019-11-14.html

出来上がってきたサイドガードを装着して、橋輪ナローキャスターも取付け完成です。
Img_5823
画像で確認してもらうと分かると思いますが、タイヤの面のラインでバッチリ決まってます。
さり気なく仕事中のオーナーさんを盗撮しました(笑)

物理的には座幅を4センチほど狭くできますが、背もたれの幅もその分狭くなって乗り心地が悪くなるので2センチのスリム化+スーツガード取付けで帳尻を合わせました。
OX
のサイドレザー付きモデルでスリム化をしたい方は参考にしてください。

| | コメント (0)

2020東京パラリンピック出場マシーン納車

またしてもご無沙汰な投稿になってしまいますが、今回のネタはオーエックスGW-E(電動アシストタイプ)の納車の儀です。
オーナーさんは2020東京パラのアーチェリーで出場内定しているお方です。このマシーンでパラリンピックに出るそうなので記念撮影。
Img_7010
頚損の方なので、JWX-2(電動アシストユニット)の細かいセッティングを行って、座位保持も競技に合わせてフィッティング。
Img_7006
JWX-2ユニットをPCにつないでセッティングができます。
この座位保持の後ろ側に取り付けてあるベルトは左肩をサポート。
背もたれの高さをレギュレーションに合わせるのにアルミシェルを穴あけ加工して調整しました

ポジションやベルトの幅などがレギュレーションで決まっているので、それに合わせて部品調達&金属加工も施しました。
Img_7009
身体が前にズッコケるのを防止するのに、今回のマシーンには骨盤をサポートするベルトも採用。
このベルトの太さも決まっているので幅40ミリタイプを初めて使いました。
座位保持はバリライトのアイコンバックとメリディアンウェーブの組合せです。

これ以外にもラテラルサポートパーツ(体幹保持部品)付きのスペアの座位保持装置を所有しているので、必要に応じてそちらも調整しないとね!

このマシーンで来年のパラ、頑張ってくださいね~
大会前にはマシーンのメンテとクリーニングをバッチリやります✨

| | コメント (0)

HCR2019かなり軽~くリポート

仕事柄毎年行ってるHCR2019に今年も参戦。
初日と3日目の2日間で会場全てをチェック。

自分にとってのメインの車いすブース、個人的には特に真新しい発見は無かったかな。
スタッフのやる気なさが伝わってくるメーカーが多いこと。話の途中で振り向くと居なくなってたり(-_-;)
弱小販売店だからかもしれないけど…

色々と用事があったマルバツさんの所で新製品を紹介してもらいました。
先ずは日常車の前に取り付ける【CROSSWHEEL】
Img_5803
OXの折り畳み車いすにサクッと取り付けられるコイツをずっと欲しかった!
OXの故先代社長にずいぶん前にHCR会場でお願いしてから何年経っただろう。
Img_5804
アタッチメントはハンドバイクH1の物と一緒なので、個人的には助かります。
ただ、このアタッチメント、何気に重量がちょい気になるんですよ。
車に積み込む時の前側荷重が掛かってリフトしづらいかも。
Img_5805
単体にすると、こんな格好です。
固定車用のFreeWheelの様に持ち運びは便利とはいきませんね。
これ、旅行の時とか近所のお散歩の時とか、有ると便利なので発売されたら購入しよう!
参考価格は11万円でした。

お次は、これまた以前からお願いしていた(比較的)安価なリジット車いす(固定車)
Img_5807
SX/SRをベースとしたFX/FR。
FXでオプション品アームレストだけを付けた最小構成で26万円。
ブレーキとかキャスターフォークの選択が高級品しかないので仕方ないけど、
20万円を切ってくれると室内用として売れそうなんですが。
というか、自分が欲しい!その価格帯なら。
自宅用でFusion使ってる人多いから需要は有ると思います!
・・・って説明は、以前からOXのお偉方にずっと言い続けてますが💦
まぁ、固定車の選択肢が増えたことは良いことですね~

気になったのはこの2種くらいかな。

他のブースで、moltenが独自のユニットで軽量の電動アシストを発表してました。
Img_5808
参考重量は16.3㎏で軽さはイイ感じですね。
実際に持たせてもらいましたが、自分で車に積んで、という使い方にはまだちょっと重いかも。
シーティングの選択肢が少ないので、ある程度乗り手を選ぶかと思います。
ボール屋さんが電動車いすを作っちゃうんだ!!とビックリしたのは自分だけ??

最後に今回の個人的なMIP製品は↓
Arp
Exgelで販売しているアームレストパッド。
体幹ない人は分かるかと思いますが、アームレストから身体を横に飛び出して低い所で作業する時、
肋骨がチョー痛い。
知り合いで、気が付いたら肋骨折れてたって人も居るくらいdeath。
実物を試しましたが、OXのアームレストカバーの上からもサクッと取付け可能でした!
左右共通なので1個持ってれば、肋骨骨折予防に役立つ。
週明けに早速注文しよう!

・・・と、かなり中身の薄いインプレでした。

| | コメント (0)

カーボン巻き仕様

夏季休暇もあり久々な投稿になってしまいました。
今回のネタは、『カーボン巻きフレーム採用なLR』納車の儀です!

橋輪ではよくあるケースですが、今回もメーカーから入荷してきた時点で全バラにしちゃいます。
そして左右のフレームだけにして愛知県のK-factoryさんへ旅立つ。
オーナーさんより、フレームの下側をカーボン巻きにするオーダーを受けました。
橋輪でも巻物やってみないか?というお話しもあるのですが、得意なショップにお任せした方が確実なのでお願いしちゃいます。
K-factoryさんの所でも、この部分の巻物は初めてとのことでしたがとてもキレイに仕上がってきました!
Img_6410
この後はサクサクっと組み上げてしまいます。
Img_6453  
こんな感じでアンダーフレームはカーボン調となっております。ホイールを付けてしまうとあまり目立たなくなってしまいますが、何気なさが良いんですよね!

WCR5キャスターをレッドスパーク系にパウダーコート。
Img_6452
合わせのブラックとのマッチングは格好良いです。
表面は手前のキャスターの様に裏側は奥の様な組み合わせになります。

そしてJAY3バックを取り付けて、JAY2クッションは車いすのサイズにカット。
Img_6451
装着しているHHR3ホイールは当店の物で後にTT-3に組み替えます。

カーボライフ製のGEKKOハンドリムを取付けました。
Img_6517
オーナー様、片手の握力は無いのですが快適にプッシュできるとの報告です!

LRはサイドパネルとキャスターフォークにカーボンパーツを採用しているので、それらと今回のフレームのカーボン調が相まって中々良い感じに仕上がりました。
ワンポイントのレッドアクセントもオシャレですね!

そして勝手に本人を登場させてしまいましょう。まぁよく知ってる方だから大丈夫でしょう(笑)
Img_6510
JAY3バックになって少し背が伸びたような感じがします。
見た目もさることながら機能性もアップしたので快適に使用してくださいね~

| | コメント (0)

納車準備に2か月掛かったマシーン納車編

今回のネタは、前回の準備編からの続きとなる納車の儀です!

先ずは完成したマシーン↓
1_20190706233701
パット見は、はい赤/黒のツートンの車いすね!という感じですが、細部はかなり凝っております。
P2_20190706233801
これがモデルですが、イイ感じに仕上がったでしょうか??
準備編でお話ししましたが、メーカー都合で赤の部分が多くなってしまいました。黒フレームがメイン色なので、こういう時はフレームカバーを被せてしまえば解決です!

それではディテールを解説していきます。
先ずはブレーキ
2_20190706233901
【Before】これがノーマル状態。LRなので全長が短いブレーキを採用されてます。このレバーとダイヤルをコーティングした部品に交換。
クロスメンバー(折り畳み部品)のセンターパーツ(シルバー)もこの後交換します。

3_20190706233901
【After】ちょっとゴージャスになりました!最初はレバーもゴールドにしたのですが、ちょっとうるさかったのでブラックに交換。
レバーはお好みの色にコーティングできますが、グロスブラックは常時在庫してます。
7
【After】クロメンセンターの部品もブリランテゴールドに交換。ここは分かりにくい個所ではありますがヘソピアスみたいなもんです。

そして今回のコーティングで一番格好良い個所
4_20190706233901
【Before】キャスターホルダー・フォークアッパー・キャスト・スペーサーはシルバー。これを・・・
5
【After】すごく格好良いです。この車いすの一番のチャームポイントかと(笑)
WCR5は合わせリムでゴムだけ交換可能なので、色を付けてもずっと使える所がメリットですね!

お次はホイール
6

当初は【STRADAホイール】を色合わせして採用する予定でしたが、使っていないTT-3ホイールがオーナーさん宅の物置にしまってあるという、なんとも贅沢な状況だったので、それを使用することに。
ハンドリム・シャフトのボタンをブリランテゴールドにコーティングして、更にキャストサイドをゴールドのラインステッカーを貼り、ハンドリムスペーサーを赤くして、3本キャストに作成したスポンサーステッカーを貼ってみました。
ホイールの全体像は1枚目の画像を確認してください。

そして、オリジナルで作ったスポンサーステッカーをフレーム・クロメン・サイドパネルに貼る。
9

UnionJack(LOTUSは英国のチームなのでこれが貼ってあります)はちょいと主張が強いのでホイールを付けた時にタイヤの陰になるような、さりげないポジションで。
サイドパネルのLOTUSロゴは製作も切り抜きも結構大変でした。

余談ですが、橋輪で同時進行で自転車部門がLOTUSロゴの物を扱ってました↓(こちらはロゴはステッカーではなくてペイントです!)

http://hashirin.com/archives/1739967.html

最後に例の黒く染めたグリップに交換
91
グレーに比べて、まとまりが全然良いです!
このグリップ、交換したいというリクエストを既に数件受けているので、今後ご提供する予定です。

長くなりましたが全て完了したのでオーナーさんに納車。
92

仕上がりを満足いただけたようで良かったです。そして金額にもビックリされていました。
なんて良心的なお店なんだろうウチわっ㊙

お任せでお願いしたい!という太っ腹なオーナーさんも大歓迎なのでご相談ください。トコトンやります!


















| | コメント (0)

納車準備に2カ月掛かったマシーン編その1

久しぶりの車いす納車ネタですが、準備にすご~く時間が掛かったので2回に分けて紹介します。

先ずは準備編から。
P1
すごいバランスじゃないですか!?
P12
マイコーのつま先立ち。
ホイール無しで入荷したので何となしに段ボールの上に置いたら立った次第で。
話はそれましたが、今回の製作、色のオーダーが赤/黒/金でデザインはお任せ!だったので、この配色で真っ先に思い浮かんだのがちょい昔のTeamLOTUS。以前から格好良いと思っていたデザインです。
P2
次の自分のテニス車はこのカラーリングで行こうと思ってたのですが、中々作る機会がないので先にやっちゃいましょう!
で、先ずはメーカーにオーダーする時の色指定は前レッド/後ブラック。レッドの部分はほんの少しが良かったのですが、REVのフルオーダー車ではないのでそこまで指定できません。とりあえずセンターで塗り分け。
赤い部分を隠す裏ワザはあるので、とりあえずこのツートーンでオーダーして出来上がってきました。
車種は軽量モデルのOXのLRです。

入荷する前に橋輪在庫のパーツを前もってパウダーコートに出しておきました。
P3
WCR5キャスターとそのスペーサーをブリランテゴールドというカラーに。組み立て後スペーサーはブラックの方が格好良かったので変更しました。
P4
クロスメンバー(折り畳みの部分)のセンターパーツとブレーキレバーもブリランテゴールドに。
これまた組み立て後ブレーキレバーはブラックの方が格好良かったので変更。
P5
ホイールのシャフトのボタン部もブリランテゴールドにというこだわりぶり!
と言っても全て勝手にやっちゃっているんですが…(^^;)
金額も全てお任せな太っ腹オーナーさんなので、こちらも気兼ねなくトコトンやっちゃいます。
ちなみにこの色の塗装は結構な金額です。
部品を組み込んで行くと
P6
すげー格好いい!
このコントラスト、玄人受け間違いなしです!スペーサーをゴールドから黒に変更して正解。
まぁ、こんな細部まで観る人は少ないですけど、お洒落は足元からです!

そして、一番時間が掛かったパートです。
グリップ(押し手)をOXの裏メニューの直角グリップにすれば色が黒で問題ないのですが、
通常のグリップを希望だったので色がグレーになってしまいます。
このカラーリングにグレーのグリップがどうしても僕的にしっくりこない。嫌だ。絶対に嫌だ。
P7
ここもオーナーさんに何の相談もせずに勝手に突っ走る。
で、色々と探していたら良さそうな太い収縮チューブを発見。
これなら行ける!と大喜びして通販で購入。
で、到着後すぐに取り付けてみると、カーブしている内側部分がどうやってもシワになってしまうんです。
なのでπ数を変えて別の物を注文。同じ結果(^^;)
そしてまた別の物を注文・・・
合計4種類を試すも・・・
P8
全てNG。
ちなみに部品は橋輪在庫の物で実験してます。これだけで2週間くらい掛かってしまった。

もうこうなったら諦めます。
でもグレーの色は諦めません。
で、染めてみることにしました。
P9
結果、この画像の染料はイマイチで別の物にしたのですが、成功です!
P92

色落ちもなく、そのまま使えそう。一応、納車後にしばらく様子を見てもらうことにしました。
このプロセス、結構な部品代と労力が掛かってますが、自己満の世界なので無料サービス!
太っ腹!頼まれてやった訳ではないんですけどね。

そして最後に重要な任務が。
このモデルはF1マシーンなのでスポンサーのステッカーを作成しないと。
そのスポンサー達、一般的にはメジャーではなかったりするので全て自主製作しなくてはいけません。
なので、ネットでロゴを拾ってそれをPCでトリミングしていきます。
P81
そしてカットアウトしたステッカーを切り抜きして(この作業も超大変;;)ステッカーを貼っていきます。貼ったフォルムは次回紹介します!

これにて一通りの準備は完成したので、完成したマシーンは後日のネタで。続く・・・















| | コメント (0)

より以前の記事一覧