車椅子

レインボーカラー号 完成編

第三弾の今回は最終ネタです。

組み上げたフレームとクロスメンバー(折り畳み部)の接合部のボルト類を全て交換しました。

501

よく見ないと分からないですね。いや、よく見ても分からなかったりするかもsweat01でも、いいんです!これが男のロマンです!多分…

502
自己満に浸りながら、次はレザー類を取り付ける前にアルミ部分とカーボン部分をコーティングしていきます。

503
使用するのは【WAKO’S バリアスコート】です。簡単に塗布できて輝きは抜群!
以前から愛用していますが、これをコーティングしておくと汚れが着きにくいし、もし着いてもハンディーモップ等でサクッと落とせるのでおススメです。
WAKO'Sの回し者です。昔、世話になったので。

バリアスコートで仕上げたら、最後にレザー類やブレーキ・アームレスト等を取付けていきます。

フレーム後方のオレンジやゴールドがキレイな色なので、この色が隠れていってしまうのが残念ですが、チョイ見せでお洒落を演出!・・・とでも言っておこう。

無塗装のBefore→レインボーカラーのAfterに変身しました。

001
Before

After

505
ブレーキやアームレストの取付けボルト類も全て交換してあります。相変わらず分からないと思われるが・・・

さて、最後にホイールの選択になりますが、
これが一番時間掛かったかも。
当店で取り扱っている【STRADAホイール】の色の組合せを何通りか試してみて悩む。
そして、OXのTT3を取付けてみても中々よろし!
ハンドリムをゴールドにすると格好いいけど、折角のフレームカラーが消されてしまったり、正に色々悩む。

507
ホイール5種類を試しました。わざわざハンドリムを組み替えたりもして時間掛かりました。

結局、選びきれず、左右若干異なる仕様にしました。

603
↑左:紫ハブ・白黒スポーク・黒リム・紫(ブリランテパープル)ハンドリム

604
↑右:紫ハブ・白黒スポーク・桃(紫っぽい)リム・黒ハンドリム

しばらくは左右このままにしておいて、皆さんの意見を聞こうかと思います。

602
仕上がったマシーンの画像を撮ろうとベッド(撮る場所がここしかない)に乗せると、いつものごとく被写体が割り込んで来たので、とりあえず採用。

年初からのプロジェクトがようやく完成です!長かった~

605
チョット派手な仕様になりましたが、一色一色がとてもキレイな発色なので、単色でもいいし、ツートーンでもいいし、今後のカラーサンプルマシーンにしたいと思います。
先ほど座ってみたら、ポジションもバッチリで、乗った姿勢もかなり良くなりました。

10月10日からのHCR(福祉機器展)に乗って行くので、色見のチェックをしたい方は声を掛けてくださいね!

| | コメント (0)

レインボーカラー号 其の二

前回からの続きネタです。

パウダーコーティングから上がってきたフレームやパーツを組み上げて行く作業に入ります。
いつもなら橋輪の店舗で「ああしろ、こうしろ!」とスタッフに偉そうに?指図して組み上げるのですが、この季節は自転車部門の繁忙期sweat01
店内は自転車でいっぱいでスペースも無く、スタッフも忙しく、そして自分もやる事が沢山あり、手を付けられない状況です。仕方がないので自宅に持ち帰り組み上げることにしました。

101
自宅で作業しながら工程画像を撮ったりしましたが、ウチのワンコが被写体の前に割り込んでくるんですよ。まぁ自宅でやってるから仕方ないんだけど。

先ずはクロスメンバー(折り畳み部)を組みつけようかな!と思ったところ、いきなりトラブル発生です。

103
元々奥行420のクロメンを20ミリほどカットしてから塗装に出したのですが、内側のシートレザーを留めるシャフトをカットするのを忘れてた。
夜中に自宅の食卓でノコでギコギコと切断作業。その他、ドリルで穴開けたりルーターで削ったりする作業なんかも有ったりで、持ち帰ってきたのをチョイと後悔したり…

フレームに貼るOXステッカー、今回は自作せずKADOWAKIさんにデータだけ渡してお任せで作ってもらいました。どうしてもクリアの中に収めたかったのでお任せしたのですが、これがかなりカッコいい出来栄えで素晴らしい。OXさんも真似したくなっちゃうかも(笑)

102
ブリランテカラーのグラデーションは、こんな感じになります。

104
ブリランテグリーンにコーティングしたクロメンに、ブリランテオレンジにコーティングしたリンクバーをセット。
この段階では、まだボルト類は黒のノーマルだった。

105
クロメンを組み込んだフレーム写真を撮ろうとしたら、また入ってきた。

106
フレームにクロメンを組みつけるとこんな感じです。
6色になってるの分かるかな?
後方のオレンジが結構イイ色ですが、今後サイドプレートやレザー類で覆われてしまうのが、もったいないです。

 

パーツ類のカスタムですが、キャスターはゴムだけ交換できる合わせのワイドキャスターWCR5を採用です。

限定カラーのゴールド/シルバーの物を無理言って用意してもらったのに、インサイドのシルバーの方をブリランテオレンジに塗装しちゃったので(ゴールドと同色系なので)、結局在庫で持っていたブラックを使って黒/橙のツートーン仕様にしました。

201
キャスターフォークのアッパー部分もブリランテオレンジに塗装です。
パウダーコーティングは傷が付きにくいので、こういった足回りのパーツで使用しても安心です!

そして、今回ちょっと奮発したのがボルト・ナット類。
フレームがレインボーカラーなのでボルト類もチタンやチタンルックのステン素材を多数採用。毎晩通販でポチポチして3回も買い足しちゃいました。値段は聞かないでください。

202
とりあえず、交換したいボルト&ナットを幾つか集めました。
これだけで結構な価格です。このジャンルを知らない人はビックリしてしまうかも
sweat01

203
ブレーキを留めてるボルト、チタンのテーパーキャップボルトに交換。
どれだけ軽くなるかって??
大して変わりません。


204
このサイドプレートを留めるM4ボルトが中々なくて、やっと見つけました。
色も形も気に入ってます!

205
キャスターホルダーを留めてるフランジナット、これがいつも気になる。前回も交換しましたが、今回も。

206
チタンのフランジナットです!
どれだけ軽くなるの??
大して変わりませんcoldsweats01

301
更に欲しいボルトが増えてしまい、また追加で購入しちゃいました。
Newマシーン、テーパーキャップボルトだらけ。

302
クロメン下部のボルトです。
左がノーマルで右が交換したボルト。
自己満です。いいんです。

・・・と説明が長くなってしまったので、今回はこの辺にて。次回は完成形を披露します。

| | コメント (0)

レインボーカラー号 其の一

最近バタバタですっかりご無沙汰な投稿です。ネタは色々とありましたが、画像をすっかり撮り忘れてましたsweat01納車シーンも沢山あったのに・・・coldsweats01

でもって、今回のネタは僕のNewマシーン。
長いネタなのでカスタムに興味がある方だけ見てくださいね!

昨年20キロほど激ヤセしてしまったので、今までの車いすでは幅がブカブカになり4cm細い新車を作成することに。モデルは先代に続きREVのRCです。

今年の年明けにオーダーを入れて出来上がってきたのが5月末日coldsweats02
OXのREV部門はスポーツ車を製作している所なので、2020に向けて大忙しなんです。スポーツ車だと半年以上掛かってしまう状況です。

001
仕様は、現行SX/SRに使われている細いヒョウタンフレーム、LX/LR用のブレーキ・アームレスト部品をオーダー。
側板のパイプを後で塗るので、側板はビス止め仕様に。

002
ちなみにホイール無しで重さを測ったら6.84kgでした。

さて、今回はどんなカラーリングにしましょうか?

色々と悩んでいた時に、当店がいつもパウダーコートをお願いしているKADOWAKIから素敵な年賀が届きました↓

003
一目ぼれlovely
カラーリングが気に入ったというよりも、新しい技術に興味を持ちました!
いわゆる一般的なウレタン塗装の場合は皆さんご存知の通り、2色以上のグラデーション施工が可能ですが、これまでパウダーコートではNG。
ですが、年賀でいきなりグラデ仕様の画像が届いたので、即質問→即注文!

7色のレインボーカラーに塗られた自転車のフレームだったので、橋輪の自転車部門のデモ車もコーティング依頼。

005
こちらはだいぶ前に仕上がってきて完成しています。
詳細は
【その1】 【その2】  【その3】

車いすのフレームは7色に塗るには短過ぎるので(グラデ部分が分からなくなる)、5色の塗り分けをデザインしてオーダーです↓

004


そして遂にマイマシーンも9月末にフレームがコーティングされて来ました!

007
フレーム5色&クロスメンバー(折り畳み部)1色の6色の予定でしたが、KADOWAKIからのおススメで結局フレーム6色に。

前説が長くなったので、詳細は次のネタでお届けします。

| | コメント (0)

表彰式仕様マシーン

2か月ほど前に『羽田空港で採寸』のネタを紹介しましたが、その時のマシーンが完成したのでお披露目です!

オーナーさんは2020東京パラのパラ水泳でメダルの期待大の小池さくらちゃん。

E2
20ポーズをとってもらいました。

このマシーンで表彰台に上って、そしてインタビューを受けることも想定してサイドプレートにhasirinステッカーを貼らせてもらっちゃいました。
程よいステッカーが1枚しかなくて右側だけに貼ったので、インタビューは右からのカメラアングルでお願いします>2020のカメラマンさん

マシーンのカラーリング、ラメ入りの青/黄のツートン。グラデーションの出方もなかなか格好良く、かなりいい感じに仕上がりました。

B

C

D

更にホイールもこってます。

ハブ(中心部)とハンドリムはブルー、スポークは内側をブラックで外側をイエロー。このスポークの組合せは内側のブラックが目立たなくて本数が少なく見えてカッコイイんです。

A
余談ですが、やっとこのホイールのネーミングが決まりました。STRADA(ストラーダホイール)。
やっとページも完成したので、このホイールが気になる方はコチラ をご覧ください。

プレッシャーをかけるつもりはありませんが、このマシーンで表彰台に上がるのを期待しているので、さくらちゃん頑張ってgood

| | コメント (0)

はるかな星が故郷だ

エメリウム光線~~~

A

お久しぶりな投稿になりますが、本日の納車の儀。

3年前、小学生の時に作った車いすはあっという間に小さくなってしまい、今回は大人用のSRを選択。カラーリングは前方赤系、後方銀系down

B

このカラー、どう考えてもあのカラー。
なので、本人の承諾もなく勝手に『あのステッカー』を製作down

C
そして勝手に貼ってしまいます。
まぁ、剥がすのは簡単だからいいかっcoldsweats01

D
フレーム下部にはミラー系シートで『ウルトラマン』ロゴup

E
クロスメンバー(折り畳み部)の中心の部品には青くカラータイマーup

家に帰ったらすぐに剥がされるんだろうな、と思って貼ったのですが、なんと本人、ウルトラマン大好きだった!
しかも渋くウルトラセブンファン。
なのでエメリウム光線のポーズをとってもらいました。

なんでも、グッズも持っているようなのでコスプレして今度写真を撮り直しますcameraカラータイマーの部分もちょっと仕上がりがよろしくないので改良しておきますgood

| | コメント (0)

羽田空港にて初体験

羽田空港へ女子高生をお見送り!ではなく、空港で車いすの採寸という何とも初めての状況。

Img_5164_2

お相手はパラ水泳選手の小池さくらちゃん。
昨年のアジアユースパラの騎手を務めた時の画像を見て、車いすがちょっと小さいかなと。2020年の東京パラのメディアへの露出は必至なので、見た目重視の格好いい車いすを作りましょう!

ご本人は学生生活やら練習やらで忙しく、海外遠征前の空港の出発ロビーでやっとこさ採寸となりました。
それにしても彼女と待ち合わせするのはいつも変わった所です。
以前は自分が行くライブ会場でコスプレにて会ってみたり↓

C

さくらちゃんとは10年くらいのお付き合いになるけど、昔お店に来た時の画像があったのでサービスしちゃいますcamera

1
カワイ子ちゃんlovely

成長するのは本当に早いもので、ついこの前までちびっ子だったのに、

今の彼女のガタイの良さにビックリしちゃいました。

Img_5154

ご両親も交えて、皆でマシーンの作戦会議をして、中々カッコ良いメディア映えしそうな形にまとまりました。

Img_5166

特徴的なマシーンなので、納車の時にお披露目します。

東京パラの表彰台を今から楽しみにしてます!

| | コメント (0)

クロメンコーティング

今回はクロスメンバー(折り畳み部)交換&改造のお話し。
主役はマイマシーンですが…😅

20キロほど激ヤセしたので車いすがブカブカになり幅を詰めることにしました。

折り畳み車いすの場合、縦の
ラインの部品(背部・座部・フットレスト部・クロスメンバー)を交換してあげると幅の変更ができます。

⇩クロメンが届くとすぐにパイプをカット
hairsalon

2
OXの車いすの奥行は最長42cmで次は38cm。個人的な好みですが、42cmだとトランスするのにフレーム先端に手を掛けた時にクロメンの先が邪魔になります。
しかし38cmだと短すぎる。
したがって、その中間の長さの40cmにしちゃいましょう!
先ずはパイプを2cmカット(シートレザーのカラーもカットします)。


⇩お次は、クロメンのキャップを留める為のイモネジ穴を開けます。

3
この加工、何気に地味で大変な作業なんです。失敗できないしcoldsweats01
これにて下地の準備は完了です!
マイマシーンはOXの特注部門REV車なので、一般の車いすの黒いクロメンとは異なりガンメタで塗装されているちょっと特別な仕様。
ですが、そんなのを気にもせずにコーティングに出しちゃいます。
今回のコーティング、後日改めて紹介しますが、新しい革新的な塗料を選んでみました。

⇩元々はブルーとホワイトのグラデーション仕様

5

⇩ハブ・ハンドリム・キャスター等の色に合わせる形でパープル系で。

4

最近職場が忙し過ぎてクロメン交換する時間も無かったので自宅に持ち帰ってリビングで夜なべしての作業


💦
病み上りjs体幹がフラフラになってしまったこの身体で車いすに乗ったまま床で作業できるのか?
と心配しましたが、かなり苦戦した結果、なんくるないさぁ~


クロメンは目立たない部分で暗くなるので、あえて他の部品より少し明るめの色にしてみましたが、結果バランスよく仕上がったかなと。

1

今までクロメンの塗装は色々とやってきましたがウレタン塗装のみで、今回初めてパウダーコートを施してみました。

クロメンはホルダーとの接合部が剥げてしまうのが常なので、強いパウダーコーティング仕上げでの耐久性を観察したいと思います。

| | コメント (0)

AK-6から早6年

ちょっとずれ込みましたが中学校入学を機に新調した車いすの納車の儀です。
車種は大人用のSRにTT3Rカーボンホイールの組合せ。

Img_5142
座面がまだ少し大きいので部品を組み替えてショート仕様にしてピッタリでした!

今まで乗っていたマシーンからすると大分アダルトな感じになったので、同席していたお父様が『寂しい』と言っておりましたweep

彼のことは5歳くらいから知っているので、成長の早さに驚きです。

今までの愛車、OXと橋輪のコラボの子供用に改造したXR、なんと5年半も乗ってしまいました!【納車時の記事】

Img_5143
小学生の間ずっとです。乗り方がアグレッシブ(はっきり言うとザツsweat01💦)だったので、あっちが外れて、こっちが折れてなんてことを繰り返して、これまで頑張ってきてお疲れ様です。

中学生活をEnjoyしてね~

| | コメント (0)

ホワイトリング

今回はREV製LR納車のご紹介。

Img_5050
先にマシーンだけ写真を撮っておきましたが、納車がバタバタしていてオーナーさんを撮影するのをスッカリ忘れてましたcoldsweats02😓
4月から高校生になったオーナーさんですが、お母さまの強いご要望が「とにかく軽量」。ということでLRを選択してアームレスト等も採用しませんでした。
アンダーネット等のアクセサリーを取り付けた後の重量は9.4kg!!
折り畳みの実車で10キロ切りは凄いです!

そして、初の試み。
ハンドリムのホワイトコーティング。

Img_5051
これもお母さまの希望ですが、ホワイト系のフレームにマッチしていて中々アリnotes

高級車、大切に乗るとオーナーさん約束してくれました
good

| | コメント (0)

冬季オリンピックのオランダを思い出す

オーナーさんにとって今年に入って2台目となる車いすの納車の儀。

1
ちなみに3台目のフルオーダー車も現在製作中!

このファミリーは家族五人全員お客様(ご本人以外は自転車)で本当にありがたいです。
お母さまより「とにかく派手に!」という依頼を受けてオレンジとブルーで攻めることになりました。冬季オリンピックのオランダユニフォーム状態。🇱🇺

5

標準装着のタイヤは処分してブルータイヤに交換、ハンドリムはオレンジのパウダーコート↓

2

クッションカバーもブルーでコーディネートです。

橋輪ユーザーさんにはサービスしているロゴもオレンジとブルーで作成↓

3

サイドガードは外側がザラザラで粘着が悪くなるので、ツルツルの内側を外側に向けて(左右交換)縁取りステッカーを貼り付けします。

4

仕上がりに本人もお母さまも喜んでおり嬉しい限りです!
もう1台も、かなり凝っているので完成したら紹介しちゃいます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧