車いすパーツ

銭銭~と

少し前のネタとなってしまいますが、立て続けに高級車のottobock ZENITを納車したのでご案内します。
更にもう一台の可能性が有ったのですが、直前で他の車種にしてしまったので3台連ちゃんにはならず残念。

先ずは1台目。
10代にしてこの高級車💦
海外生活での使用を考えてZENITを選択。折り畳みが必須なので、その中でも強度がある機構のこのマシーンにしました。
納品後、ハンドリムをCURVE Lに交換。
車いすも高級ですが、膝の上に抱いているLOVOTもかなり高級なペットです。

01_20210917154601

ZENITの硬派なスタイルとは裏腹に可愛いイメージのLOVOT。納車の準備中、周りをウロウロしてかまって攻撃♡
橋輪での彼の車いす歴数えてみたら、テニス車も含めてこれで9台目。いつもありがとうございます。

02_20210917154601 
背もたれはずっとJ3バックを愛用しています。プッシュハンドルは最近このショートタイプが人気あります。タイヤも最高級のSCHWALBE ONEを採用。

03_20210917154601
キャスターは大人気のdLITEキャスターに新車時に交換です。こちら側はレッド

04_20210917154601
こちら側はブラック。この様に左右を違う色にするのは橋輪ではOK!最近はこういう左右別カラーのオーダーが増えつつあります。大賛成!

次に2台目。
ZENIT選ぶ方は皆さん、デモ車を見て直ぐに気に入ってくれます。
元々オールブラック系を好むオーナーさんなのでフルカーボンフレームに一目惚れ。
ハンドリムは大人気CARBO LIFE製CURVEを選択。

05_20210917154601
ZENIT、ほぼほぼ皆さん、この仕様にまとめます。標準仕様で結構豪華な内容となっているのですが、細かいパーツも大体同じような物を選択されますね!

06_20210917154601
ハンドリムはCURVE(細い方)を選択。デモの時点でCARBO LIFE製の物を紹介すると、殆どの方は気に入って採用します。

07_20210917154601
プッシュハンドルはホールディングを採用。このように使わない時はスッキリするのが良い所。国産メーカーも追従してくれないかなとずっと思ってます。

ZENITの詳細は以前にレポートしているのでコチラをご覧ください!

| | コメント (0)

フルオーダーREVのRCの彩りモデル ブルー編

今回はREVのオーダー車いすRCの納車をご紹介。
以前橋輪でモディファイしたRCの実車を見て感化されたようです。
▽そのモデルはコレ▽
38_20210527114001

オーナーさんは、これをベースにブルー系で作りたいということでした。
モデルの予算を伝えたらビビッてましたが、お互いに知り合いなのでライバル心がわいたか??
RCはフルオーダー車なので現在お使いの車いすの改善したい点などを聞きながら一つ一つ採寸していきます。
結構ハチャメチャな全然身体に合っていない車いすに乗られている方をよく見かけます^^;
今回のオーナーさんもその一人。
もし現在お使いの車いすで不安な方が居ればご相談ください。コンサルします!

▽さて、待つこと約3か月で出来上がってまいりました▽
Img_9015
フレームカラーはマットブラック。それに要所要所にブルーを投入。
個人的にはこのカラーリング、たまらんです♪

さて、細部を紹介していきましょう。

Img_9018
ホイールはSTRADA

ハブBlack スポーク内側Black/外側Blue ホイールリムBlack
スポークの内側をブラックにするとスポーク数が少なく見える効果があり、見た目が格好良いです!

Img_9016
ハンドリムは大好評のCARBOLIFE社カーブグリップを選択
納車後のインプレは、とにかく食いつきがよくてバッチリ!ということでした。
(オーナーさんは握力に障害ありなので、このハンドリムを採用)

Img_9021
キャスターはdLITEキャスターBlueを採用。
見た目と転がりの良さは抜群で大人気です。
そして、これは橋輪で勝手に採用したのですが、隙間に見えるキャスタースペーサーはあえてレッドに。
普通はブラックにするところでしょうがワンポイントアクセントカラーを入れてみた次第。
このスペーサーも大人気商品です。形がテーパー状(富士山型?)になっておりホコリや髪の毛などが付きづらいのが特徴です。橋輪オリジナルパーツです。

Img_9023
ピンボケになってしまった(^^;)
折り畳み部分のクロスメンバーは普通はブラックなのですが、ここもワンポイントでブルーにしたいということで、外注で色を付けました(メーカーではここの塗装は非対応)。
ここに色を入れるとグンと見た目が変わりシャレオツになります。(言葉の選択が非シャレオツdeathが)

今回もまたまた格好良くできてしまったので、これを見て僕も私も!とまた製作依頼が来るのをお待ちしております。

| | コメント (0)

XR大改造計画

今回のネタは長くなります。と最初に申しておきます。

はるか遠方の福岡県のオーナーさんより、OX(REV)のXRを塗装からパーツ交換までとことんやりたい!というご依頼を受けました。
車いす製作は福祉の関係上、地元の業者さんで依頼して、あとは全て橋輪で改造という内容です。
以前からずっと橋輪の改造等をチェックしてくれていたようで、基本のコンセプト以外はお任せモード。
遠方なのでお会いしたこともないのに、ギャンブラーです(^^;)

先ずは送られてきた状態。
と、画像を載せたいところですが、塗装に出すのに急いでいたのでいつもの撮り忘れdeath。
とりあえずメモ用に残しておいた画像が有ったのでそれを。
016
無塗装のXR。リジット(固定車)なのであっという間に全バラ状態。
フレーム本体はKADOWAKIコーティングに、他のパーツ類はNewコート。
オーナーさんは色を決めるのに直接KADOWAKIに塗装済のカラーサンプルをオーダーして吟味するという凝りっぷり。
そんなお客さん見たことない。

フレーム塗装は先に仕上がってきたのですが、パーツ類のコーティング待ちです。(こうなることは分かっていたので先に説明済)

さぁ、これからディテール説明していきます!

先ずは一番時間の掛かるホイール編。
SPINERGYホイールを全て分解して、ホイールリムとハブをコーティングして再び組み付ける作業。
初めての改造パターンです。
011a
大人気の【タングステン】にコーティングされたハブとホイールリム。
今回のカラーリングはシックな感じです。
これ、通じゃない人は、言われても「何が?」となるくらい、改造した派手さはありませんが、かなりマニアックな内容です。

011b
こんな感じでスポーク調整しながら組み付けていきます。
自慢じゃなくて自慢ですが、この作業ができる車いす屋さんは国内にほとんど無いかと思われます。
自慢ですが。
ホイールを組み付けする上で、更にマニアックなのが・・・
012
こだわりの極致。ハブのベアリングを交換することは有りますが、ここまでくると変態
この車いす、キャンバー2度が付いてます。そのキャンバーに対応すべく内側と外側でベアリングの設定を変えてあります。
オーナーさんの方で用意いただいたんですが、このパターンも初めてでした。

ついでにもう一丁な変態振りを紹介すると、
006a
サイドプレート・アームレスト・ブレーキ等の取付けボルトを自身でチタン製をご用意。
まぁ、僕も同類なのでチタンパーツは使ってますが、このボルトメーカーは知りませんでした。
▽同封されていた納品書を見てビックリ▽
006b
素敵な価格です。
変態
…と思って、自分が以前購入したチタンボルトの価格を調べたら・・・
同類でした(^^ゞ

完成形は↓
014
ぱっと見はノーマルっぽいですが、ダンディーな仕上がり!タイヤは最高級品のSCHWALBE ONEを履いております。
013
タングステンにコーティングしたハブ。こちらは塗膜が薄くて強いこのコーティングにしましたが、オーナーさんにも「初の試みなので100%大丈夫とは約束できません」とあらかじめお伝えしての試みでした。
しかし、このタングステンとブラックのマッチングはかなり良いですね!

008
アクスルのクランプ部品もタングステンにコーティングしました。

009
ブレーキ部分はダイヤルとナットをタングステンにレバーはブラックパーツに交換、それと前出のチタンボルトをこちらにも使用してます。

010
キャスターフォークはFrogLegsだったので外せる部分だけブラックコーティングしてボルトはタッチペン仕上げにしました。
キャスターは大人気の【dLITEキャスター】です。

007
フットプレート、こちらは表面に滑り止め効果を出すためのリンクルブラックという特殊コーティング。
これはオーナーさんの意向で、初めて知りました。今後使えそうです!

006
アームレストの取付け部。
チタンボルトで留めてます。ただ、問題が。
今回、この部分の形状、初めて見ました。
なんか違和感ないですか??
普通はホルダーにアームレストパイプが入る形なのですが、これはパイプを潰して直接取付けしてあります。
なるほど、軽量化ですね!
オーナーさん、こちらの部分のチタンボルトをパーツリストの通りの長さで注文してしまったので先端が少し余っている。
そう、潰しパイプなのでチョイ短いボルトにしなければいけなかった様で。
ウチでカットしようかとも思いましたが、チタンだし、高い部品なのでやめておきました。部品を買い直してください!と。

004
このアングルだとアームレスト取付けボルトの突き出し量が気になります。
手前のKADOWAKIステッカー、納品時に貼ってあったのですが、どうやら粘着が弱くて剥がれてしまうので橋輪で製作しちゃいました。
ミラー系にしてボディーカラーとマッチしています。

いつもとは逆のパターンになってしまいましたが、最後に完成車をお見せします。
じゃ~ん▽
001
橋輪ステッカーも依頼されたので何種類か色や大きさを用意して試した結果、アンダーパイプの先端にグロスブラックで決定。
ボディーはブリランテブラック(ガンメタ系に見えますがこういう名称です)にグロスブラックのぶっちぎりライン(と言うそうです)
僕の車いすに使用しているWAKO'Sのバリアスコートでフレームをコーティングするよう依頼を受けましたが、プロ用のガラスコーティング剤をゲットしたので、それを3日間かけて3コートしました。
お肌はツヤツヤ。永遠の輝きです☆

005
このライン幅はケイファクさんが以前製作された実寸を教えてもらい、その通りのサイズで塗装しました。

▽フレームを見やすくすると、こんな感じです▽
003
今回のモディファイはシックに渋くまとまりました。
このブリランテブラックとブラックのツートン、なかなか格好良いです。
細部はお任せでやってしまいましたが、まとまり感は抜群かと思います。

最後に、キャンバー付きなのできちんとトーイン&トーアウトを調整。
015
到着後に連絡いただき、とても満足されたようで良かったです!
今回は初体験な事が多くて橋輪としても大変勉強になりました。

車いすの製作は他店なので金額分かりませんが、トータルだとかなりの高級車であることは間違いなし。
工期3か月強お待たせしましたが、信頼いただいてのオーダーありがとうございました。

こんな感じでオリジナリティを醸し出したい変態な方が居ればモディファイしますので、お待ちしております!

※「変態」は誉め言葉なので悪しからず。

| | コメント (0)

フロントパイプガードフィルム施工

Img_8714 
これだけ見ても何のことやら?という感じですが...
マイマシーンのこのレインボーカラー号を今後はもっと乗ってあげようと思い、、フレームの傷防止としてクリアフィルムでラッピングをしてもらいました。
施工してくれたのは、日頃お世話になっている【K-factory】さん。

だいぶ前にやってもらって写真は撮ってあったものの、なかなかアップできず、先にK-factoryさんのブログで紹介されてしまったのでこのタイミングで投稿(^^ゞ

一般的にはフレームの傷防止にはOX純正品のフレームカバーを取付けるのですが、せっかく塗装した部分が隠れてしまうのでクリアのフィルムでラッピングがベターです!

Img_8715
こんな感じに仕上がってます。溶接部をよけてサイドプレート手前までラッピングされています。
Img_8717
言われなければ貼ってあるのは分からないレベルで丁寧な作業ですね!!

これで傷防止対策OKなので毎日ガンガン使ってます!
と言いたいところですが、相変わらずもったいなくてあまり乗っていません。

おまけネタですが、車いすをバラしたついでに軽量化の為にフットレストパイプをカット。
Img_8718
肉厚なので結構な軽量化になりました。

| | コメント (0)

軽さのお話し

最近、納車時に写真を撮るのを忘れてしまうことが多々あり痴呆症の心配をしてます。
なもんで、ただでさえサボり気味の投稿を更にサボる悪循環。

先日も橋輪では珍しい機種の【橋本エンジニアリング製 X70】を納車したのに撮り忘れて紹介できず💦
ただ1枚だけ重さを量った画像が残っていたので紹介します!
X70
座幅40cm仕様の折り畳み車いすでこの軽さって凄い!
そう、このX70は軽いんです。流石マグネシウムフレーム❗❗❗
以上。

これで終わりだと空しいので、ちょっと橋本エンジニアリングのネタを付け足しましょう。

だいぶ前に頼んだワンオフで製作のハンドリムがやっと届きました。
Img_8080
これ、橋本エンジニアリングで作ってもらったマグネシウム製。
ハンドリムの取付けタブは前もってリム間を5mm1穴で依頼したのですが、最初に届いた物のリム間がちょっと広くてやり直してもらいました。
通常はウレタン塗装になってしまうということなので、未塗装で。
出来上がってきたら直ぐにNewコーティングへ。何と言っても薄膜で軽いので重量も少しは軽くできるかなと。
Img_7832
△こんな感じで仕上がってまいりました△
一応重さを量ります。
Img_7868
単体でこの重さが軽いのかどうかは不明ですが...
ちなみに、コーティングしてあるのでグリップ感はちょっとアップします↗

ホイールはSPINERGY LXLのカラーオーダーで、
ハブ:Purple スポーク:Black ホイールリム:Purple

▽Blackマグネシウムハンドリムを取り付けるとこんな感じ▽
Img_7932
ホイールだけの時は、ちょっと派手過ぎか?って思ったけど、黒のハンドリムを取り付けたら全体的にシマってイイ感じになりました。
で、重さは?
Img_5989
いい数値が出たのでは?
▽いつもの様に細かい所のオシャレも忘れません▽
Img_7933
さて、ここからタイヤを組み付けていくのですが、重さにこだわっているのでタイヤはSCHWALBE ONEを選択。
このタイヤ、何が凄いかって、購入するとお財布の中身も勝手に軽量化されてしまうんです!オススメ。
チューブも軽量チューブを採用して、リムテープはテープタイプにしました。重さを量ったことないけど、ハイプレッシャーリムテープより軽そうかな?と。

▽全部組みあがると▽
Img_5991a
そして、最終的な重さは
Img_5989
1136グラム(シャフト含まず)

・・・でした。実際に持つと「かる~!!!」と体感できますよ。
一応、マグネシウム製ハンドリムは販売できるので、気になる方はコッソリおたずねください。
そんなに驚く価格ではないです。

| | コメント (0)

【CROSSWHEEL】で寺社の境内を走行してみた

先日ご案内したオフロード走行のお供に最適な【CROSSWHEEL(クロスウィール】

今回は、車いすで走行がとってもしにくいお寺や神社の境内の砂利道をテスト走行してきました。
動画を作ったのでどうぞ!




「こんな所行ってみて!」
…ってなリクエスト受付中。
ヤバい所と雪道(スタッドレス持ってないので)はNG。

| | コメント (0)

こいつは便利だ!CrossWheel

▽OX ENGINEERING製 CrossWheel
Cw1
やっと発売されたので早速、橋輪のデモ品として購入してみた。

何年前だろう?
福祉機器展で固定車用にFreeWheelというのがお披露目されていてすごく気に入った。
だけど、折り畳みの車いすには取付けできないので、当時健在だった先代OX社長に「折り畳み車いす用を作ってください!」と喫煙室で懇願した。
それが形となってやっと手元に届いた!嬉しい♪

今回は試乗した動画を用意したので軽くインプレします。

Cw3
タイヤはエア式。
ブロックタイヤに交換しようかと思ったけど、開発の方とお話ししたところ、あまり意味がないみたい。
車いす本体のタイヤをそれなりも物に交換した方が効果があるようだ!
なので、クロスウィールを使うとき用に適当なホイールにクロス系のタイヤを取り付けて用意しておこうかと。

Cw2
クロスウィール側のアタッチメントと脱着用のハンドル。

Cw4
本体側はこんな感じになります。
脱着はかなりスムーズ。ただ、欠点はこのままだと車にトランスする時に傷が付く×
既に対処済なので、使用される方には伝授します。

【CROSS WHEEL】
対応車種:OX製折り畳み車いす各種
取付け部品込みで¥110.000(税別)
STDカラーはシルバーで他の色は別料金

▽紹介動画


 【お問合せ】橋輪 ✉info@hasirin.com ☎04-7164-2255 

| | コメント (0)

橋輪在庫セール品 4インチキャスター

4インチキャスター ワイドタイプとナロータイプ 数点を在庫処分セールしています。

金額は全てペアで¥7.900
車いすのパーツのネット通販で¥13.000~¥14.000で販売している物です。

無くなり次第終了ですので、ご興味のある方はどうぞ!

Wideblu
4インチキャスター ワイド ブルー
【購入はこちら】

Wideslv
4インチキャスター ワイド シルバー
【購入はこちら】

Narrowblu
4インチキャスター ナロー ブルー
【購入はこちら】

Narrowgld
4インチキャスター ナロー ゴールド
【購入はこちら】

Narroworg
4インチキャスター ナロー オレンジ
【購入はこちら】


| | コメント (0)

CARBO LIFE ユーザーボイス

効果絶大で大人気なハンドリム【CARBO LIFE製ハンドリム】
Cl
結構な高級品ではありますが、握り心地は抜群なので橋輪でも大変よく売れています!

今更ながらですが、ユーザーボイスの動画を輸入元よりゲットしたので、興味のある方は参考にしてください‼

カーブL ↓


カーブLグリップ
 ↓


ゲッコ
 ↓


クアドロ
 ↓


カーブLを独自にコーティングした掘り出し物が1点あるので、興味のある方は【橋輪】までお問い合わせください。

| | コメント (0)

初のVENTUSを納車しマッスル⤴

いきなりですが、ドカーンと
Img_7100
もう一丁!!!
Img_7099
そういう方向に走ったか!?
いや。

今回はちょっとクレイジーな感じでネタをあげマッスル

橋輪では初の取り扱いとなる【ottobock VENTUSベンタス】をパラ・パワーリフティングのKAZUKI選手に納車。
もちろん、それっぽいポーズを取らせて記念撮影!
車いすの調整の際、足の短いオーナーさんはフットレストに足が届かず「パイプカットの儀」を執り行いました。
僕が車いす上でこの作業するには結構な力が必要で、筋力が無い為に疲れ果てていたところ、「そういえば身近に力持ちが居た!」ということで、本人にやらせる。
Img_8289
お客に作業させてスタッフは写真を撮っているという、なんともひどいショップです。

今回の車種選びは「丈夫で高くないモデル」をリクエストされたので、このリジット(折りたたみできない固定車)のベンタスにしました。
Img_7089
見た目は至ってシンプルモデル。これが20万くらいで購入できるならリーズナブルですね!

高級ハンドリムの【CARBO LIFEのCURVE L】を採用したので、
Img_7096
その分アップしてしまいましたが、これ抜きであればこの仕様で20万円を切るので、室内用などに向いてますね。

前から
Img_7094
後ろから
Img_7095
標準ブレーキ
Img_7091
標準キャスター周り
Img_7092
標準フットサポート
Img_7093
この仕様であれば全然OKですね!

今回の採寸、シーティングの観点では、はっきり言ってハチャメチャですが、本人の用途に応じて採寸したのでこのような形になりましたが、見た目が強そう! ←彼には大切な要素です

大きな声では言えませんが、近々このVENTUSを自宅用に新調しようと企んでおりマッスル⤴

| | コメント (0)